ましゅう型補給艦 AOE-425 ましゅう (JMSDF AOE MASYU class JS Masyu, AOE-425)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/06/19(日)
*



ましゅう型補給艦(ましゅうがたほきゅうかん JMSDF AOE MASYU class)は海上自衛隊の補給艦である。一番艦ましゅうは2004年に竣工した。建造費は約430億円。本型は、2009年3月に就役したひゅうが型護衛艦「ひゅうが」と比較して、基準排水量は下回るが満載排水量では大きく上回る。ひゅうが型の次に建造される19,500トン型護衛艦の満載排水量も計画値では24,000トンとされているので、当面は過去最大の自衛艦という立場にあると見られる。

概要

従来のとわだ型補給艦(基準排水量8,100トン、満載排水量15,850トン)と比較して、ましゅう型は基準排水量13,500トン、満載排水量25,000トンと非常に大型化している。一方で速力向上が図られ、補給艦としては初めて機関にガスタービンエンジンを採用した。

また、ステルス性を考慮した船体形状とマストを備えており、艦橋構造物や煙突の側面は傾斜がつけられている。
居住区画は艦橋構造物内にある。艦橋構造物は7層からなり最上部が艦橋、その1層下にCICなどがある。
概算要求段階では高性能20mm機関砲が2基含まれていたが、歳出削減による建造費圧縮のため後日装備とされ、装備されないまま現在に至る。今後、ましゅう型については、追加建造される可能性もある。

船体・機関

全長は221mでとわだ型より54m長い。水線長は205mである。艦首は球状艦首が採用され、バウスラスターを備えている。船型は補給物資搭載スペースの確保と速力向上を両立するため、水線上を広くとる一方抵抗軽減を意図し水線部を絞り込んだ形状となり、両舷には顕著なナックルが設けてある。艦橋前には必要に応じて40フィートコンテナを搭載できるスペースが設けてある。

主機はロールス・ロイス社のスペイSM1Cガスタービンエンジン2基、出力40,000psで、とわだ型(ディーゼルエンジン、26,000ps)より強化され、静粛性を考慮し護衛艦同様主機を始め各機関は防振支持構造となっている。推進はスキュー付き5翼の可変ピッチプロペラ2基により行われ、雑音低減の為プロペラの直径は大きく、回転数を低減させている。速力向上が図られた結果、とわだ型と比して2ノット優速の24ノットの性能を有する。

ましゅう型では貨油ポンプが蒸気駆動から電気駆動に変更されていることなどから必要な電力が大きく、1,500キロワットのガスタービン発電機3基とディーゼル発電機1基が搭載され、給電能力が強化されている。

装備

補給システム

本型の補給システムは、基本的に、先行するとわだ型をベースに、これを強化したものとなっている。補給物資搭載量は大幅に増加しており、さらに真水の補給能力も持つ。

物資格納

液体補給品
液体補給品のタンクは、弾薬庫の防御構造の一部として組み込まれており、弾薬庫の下部に貨油タンク、両サイドは補給用真水タンク、前後は補給用の燃料タンクが配置されている。

固形補給品(ドライカーゴ)
第2甲板の両舷にドライカーゴの移送用の補給通路が設置されており、これは艦首から艦尾までほぼ全通している。補給通路上にはレール上を移動するフォークリフト(サイド・フォーク)が設置されており、補給物資を速やかに移送することができる。艦の中央両舷(補給通路上)、および後部左舷(医療区画後部)に昇降機が設置されており、これによって第1甲板と第2甲板の間で物資を移送できる。

弾薬については、第2~4甲板において各2ヶ所ずつ、計6ヶ所の格納所が設置されている。格納所は前後の計2区画にまとめられており、各区画の格納所同士は昇降機によって連接されている。格納所内では、専用のフォークヘッドトロリーによって物資の移動が行なわれる。また、食糧についても同様で、艦の中央部に設置された冷凍・冷蔵庫内で昇降機およびコンベアで移送されたのち、第2甲板で補給通路上のサイド・フォークに引き渡される。

洋上補給

補給ステーションは6箇所あり、艦橋からの視界改善のため門型からモノポール型に変更されている。中央の2つ(第3/4番)がドライカーゴ用、前後の4つが液体用であり、艦首よりの2つ(第1/2番)は主燃料、艦橋よりの2つ(第5/6番)は主燃料、航空燃料、真水用である。なお、とわだ型より省力化が進められている。

航空補給

最も強化されたのが、ヘリコプターによる補給能力である。海上自衛隊は、さがみより、ヴァートレップ用としてヘリコプター甲板を設置するようになったが、艦載機を格納するハンガーは持たなかった。拡大型のとわだ型では、MH-53Eクラスの大型ヘリコプターに対応するように飛行甲板を拡張したが、ハンガーを持たない点では同様であった。

本型は、飛行甲板に連続して、ヴァートレップ用の物資を一時集積するための飛行甲板荷扱所を設置したが、物資が集積されていない場合、ここをハンガーとして利用することができる。飛行甲板、ハンガーのいずれもMH-53Eに対応しており、現在自衛隊が有するあらゆるヘリコプターを運用できる。

医療システム

本型は、自衛艦として最強力の医療能力を備えていることで知られている。これは護衛艦隊の洋上後方支援を担当するという任務に対応したものであるが、阪神・淡路大震災規模の大規模災害派遣においても十分に活用できるものとなっている。このことから、災害時などには病院船としての運用が考慮されている。

医療区画は、艦後部、第2甲板レベルに設置されている。区画のすぐ裏には、第1甲板レベルの飛行甲板と第2甲板の間を往復する昇降機が設置されており、昇降機で移送されたストレッチャーを直ちに医療区画に移すことができる。本型の医療区画は、手術室、集中治療室、X線撮影室、歯科治療室など充実した医療設備を備え、46床の入院設備を有している。収容人数を確保するため、軽傷者用病室は二段ベッドを採用している。

自衛システム

本型の最重要の脅威対処手段となるのがMk 36 SRBOCで、艦橋ウイング後方に、両舷各2基ずつ、Mk.137 6連装チャフ・フレア発射機が搭載されている。補給艦で新造時よりチャフ・フレアを装備したのは、本級が初めてである。
マストにはOPS-28E対水上レーダー、NOLR-8B電波探知装置(ESM)を装備、マスト先端には補給艦として初めてタカンを搭載した。艦首と後部格納庫上部に高性能20mm機関砲(CIWS)の設置スペースを設けてあるが現時点で装備されていない。

その他

2番艦の「おうみ」には、新造時から女性用居住区が造られている(女性専用居住区は「ましゅう」にも設定されており、平成20年の対テロ作戦支援任務では14名の女性自衛官が参加した)。平成18年の対テロ戦争支援任務でのインド洋派遣(自衛隊インド洋派遣)にも19名の女性海上自衛官が参加している。

海上自衛隊の補給艦の艦名には「貯めた水などを供給する」という趣旨から、歴代、湖の名前が用いられているが、同時に地域を分散させることも考慮され、近畿・四国・九州地区の湖(四国には湖自体存在しない)からの命名を要求された2番艦において、担当者の困惑は大きく、結局日本最大の湖である琵琶湖の万葉集で見られる古名「淡海(おうみ)」から取られた。海上自衛隊の先代の「おうみ」(山口県青海島に由来)は、たかみ型掃海艇MSC-644であり、決裁の回議中にそのことを問題視する意見も出たが、最終的に現在の艦名に落ち着いたという経緯がある。(第2案は「とうや」であった。)

性能諸元

排水量 基準:13,500トン
    満載:25,000トン
全長 221m
全幅 27m
深さ 18m
吃水 8m
機関 COGAG方式(40,000 hp)、2軸推進
    スペイSM1Cガスタービンエンジン 2基
速力 24ノット
乗員 145名
兵装(予定) 高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
レーダー OPS-28E 対水上レーダー
      OPS-20 航海レーダー
電子戦・対抗手段 NOLR-8B電波探知装置(ESM)
            Mk 36 SRBOC
            (Mk.137チャフ・フレア6連装発射機×4基)
艦載機 ヘリコプター甲板とハンガーあり
    固有艦載機なし

さらに詳しく → ましゅう型補給艦




武力戦の諸相 [叢書 日本の安全保障 第6巻]武力戦の諸相 [叢書 日本の安全保障 第6巻]
(2008/07/08)
佐久間 一

商品詳細を見る



関連記事

タグ : ましゅう型補給艦 海上自衛隊 AOE-425

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2107-81937ebc
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ