カリーニン K-7 (Kalinin K-7、Калінін К-7)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/06/11(土)
*



K-7(カリーニン7;ロシア語:К-7カー・スィェーミ)は、1930年代のソ連のカリーニン設計局で試作された大型航空機である。爆撃機または民間旅客機としての使用を計画し、民間輸送機として使うときは巨大で厚い主翼の中に120人の乗客を乗せるという計画であった。別名は、「重たいカリーニン」こと「カー・チャジョールィイ」(К-тяжелыйカー・チジョールィイ)。

概要

53mの翼幅の主翼の厚さは2.33 mもあり乗客は翼の中に収容される。2本のブームで支えられた尾翼をもち、重量を支えるために巨大な4軸の車輪からなる降着装置を備えていた。最初700馬力級の水冷エンジン6発でスタートしたが出力不足のため、7個目のエンジンが推進式として翼の中央後方に追加された。

1930年から設計が始められ、1933年7月にタキシング試験が行われた。振動に苦しめられたが1933年8月に初飛行した。11月の飛行中に尾翼ブームが破損し墜落して15人の乗員が死亡した。さらに2機の製作が始まったが、1935年に計画は中止された。設計者のコンスタンティン・カリーニンが大粛清の犠牲となって1938年に逮捕され、1940年に処刑されたのに伴い設計局も閉鎖された。

スペック

全幅: 53.0 m
全長: 28.0 m
翼面積: 454,0 m²
アスペクト比: 6.2
空虚重量: 24,400 kg
離陸重量: 38,000 kg
エンジン: 水冷V型12気筒エンジン M-34f (各離昇出力550 KW)
最大速度: 234 km/h
巡航速度: 180 km/h
上昇限度: 4,000 m
武装: 7.62 mm機銃ShKAS ×6
爆弾搭載量: 9.000 kg
乗員/乗客:11人/120人

さらに詳しく → K-7



アナタノ知ラナイ兵器―イラストで見る末期的兵器総覧アナタノ知ラナイ兵器―イラストで見る末期的兵器総覧
(2009/12)
こが しゅうと

商品詳細を見る
関連記事

タグ : カリーニン7 K-7 ソビエト連邦 爆撃機

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2095-693a0f41
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ