遣独潜水艦作戦

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/08(水)
*

遣独潜水艦作戦(けんどくせんすいかんさくせん)とは、第二次世界大戦中に遠く離れたドイツと日本とを結び、戦略物資及び新兵器やその部品・図面等、さらには大使館付武官・技術士官・民間技術者等日独両国の人材の輸送を行った日本海軍艦艇による数次にわたる作戦を指す。

概要

1941年6月の独ソ開戦によりシベリア鉄道経由の同盟国日本からドイツへの陸上連絡路が途絶し、さらに同年12月の日米開戦によって海上船舶による連絡も困難となった。ドイツ側も生ゴム・錫・モリブデン・ボーキサイト等の軍用車両・航空機生産に必要な原材料を入手するために海上封鎖突破船をインド洋経由で日本の占領する東南アジア方面に送ったが、アフリカ沿岸を拠点に活動するイギリス海軍や南アフリカ連邦軍の妨害に遭うことが多くなり、作戦に支障をきたすことが多くなった。

このため、ドイツは潜水艦による物資輸送を提案した。日本側からもウルツブルク・レーダー技術・ジェットエンジン・ロケットエンジン・暗号機等の最新の軍事技術情報をドイツから入手したいという思惑があり、両国の利害が一致し、ここに日本とドイツの間を潜水艦で連絡するという計画が実行に移されることとなった。

基本的なルートは、日本~マラッカ海峡~インド洋~マダガスカル沖~喜望峰沖(いわゆるローリング・フォーティーズの難所)~東部大西洋~ドイツ占領下のフランス大西洋岸にあるUボート基地(Uボート・ブンカー)との往復であった。

なお1942年当時は、東南アジアからインド洋にかけての地域は日本海軍の制海権下にあったものの、東部大西洋からヨーロッパにかけてはすでにイギリス海軍の厳重な対潜哨戒網が敷かれていたこともあり、大西洋上のルートや入港先についてはたびたび変更されている。とくに1943年以降は、大西洋~ヨーロッパの制海権をほとんど連合軍に奪われ、インド洋以東のアジア海域にも連合軍による通商破壊が活発になっていた。

こうしたことにより、全5回の遣独作戦中、はじめ2回は往復に成功したものの後半の3回はすべて途中で撃沈されている。ただし往復に成功した2回のうちでも第一次遣独艦は帰路に立ち寄った日本占領下のシンガポール入港時に暗号通信の不徹底から味方の機雷に触雷・沈没している。沈没した艦内から貴重な積荷は回収されたが、期待されたウルツブルク・レーダーの器材や設計図面などは使用に耐えなかった。従って物資輸送を完全に成功させたのは第二次遣独艦のみであった。また、第一次遣独艦は日英居留民を運ぶ戦時交換船を誤って攻撃しそうになったが、直前に気づき回避するという挿話もあった。

第一次遣独艦:伊号第三〇潜水艦(艦長遠藤忍海軍中佐)…1942年(昭和17年)8月6日、フランス・ロリアン入港 (Lorient)。復路の10月13日、シンガポール港にて自軍の機雷に触れ沈没。

第二次遣独艦:伊号第八潜水艦(艦長内野信二海軍大佐)…ヒトラーが日本に無償譲渡するUボートU1224号をドイツから日本に回航する要員60名を乗せ、1943年(昭和18年)8月31日、無事フランス・ブレスト入港。復路も帰国に成功。駐独大使館付海軍武官横井忠雄海軍少将が便乗帰国した。

第三次遣独艦:伊号第三四潜水艦(艦長入江達海軍中佐)…1943年11月13日、往路マラッカ海峡にてイギリス海軍の潜水艦に撃沈される。

第四次遣独艦:伊号第二九潜水艦(艦長木梨鷹一海軍中佐)…駐独大使館付海軍武官小島秀雄海軍少将・永盛義夫海軍技術少佐(航空機)・田丸直吉技術少佐(電波兵器)・鮫島龍雄海軍大学校ドイツ語教授ら総勢17名の便乗者を乗せ、1943年(昭和18年)12月17日にシンガポール出航。1944年(昭和19年)3月11日、フランス・ロリアン入港。復路は、小野田捨次郎海軍大佐・松井登兵海軍大佐・巌谷英一海軍技術中佐ら総勢18名を便乗させ、4月16日にロリアンを出航。7月14日にはシンガポールに入港するも、7月26日にバシー海峡にてアメリカ海軍の潜水艦に撃沈される。
同艦には、Me163型ロケット戦闘機及びMe262型ジェット戦闘機に関する資料が積まれていたが、シンガポールで零式輸送機に乗り換えた巌谷中佐が持ち出したごく一部の資料を除いて失われた。かろうじて残ったそれら資料は、のちに秋水・橘花の開発に活かされた)
1944年(昭和19年)3月には「日独製造権および原材料供給協定」が調印されて、ドイツ政府は日本の要望するすべてのドイツ軍需機器を提供し、その対価は一時的にドイツ政府が各製造会社に支払い、両国勝利後に日本政府はその価額をドイツ政府に支払うことが定められ、軍事技術と原材料の交換が活発となる。

第五次遣独艦:伊号第五二潜水艦(艦長宇野亀雄海軍中佐)…1944年(昭和19年)6月24日、往路大西洋にて米護衛空母ボーグの艦載機の攻撃により沈没。

ドイツ及びイタリア側の遣日潜水艦作戦

ドイツ海軍からもUボートが、そしてイタリア海軍からも潜水艦が派遣され、下記の様な作戦が行われた。

ドイツ

1943年(昭和18年)4月26日、インド人の独立運動家チャンドラ・ボースはUボートU180からマダガスカル島南南東400浬のインド洋上で会同した伊号第二九潜水艦に移乗して日本に向かい、伊号第二九潜水艦からは友永英夫技術中佐・江見哲四郎海軍中佐がU180に移乗してドイツに向かった。

1943年5月10日、ヒトラーより日本海軍に無償譲渡されるUボート U511が艦長フリッツ・シュネーヴィント海軍中尉指揮の下にロリアンを出航。同艦にはベルリン駐在の日独伊三国同盟軍事委員の野村直邦海軍中将が便乗、ロリアン出航から69日目の7月15日にペナン港に到着した。この後、野村直邦中将は空路東京に帰着した。

1943年6月16日、伊号第三〇潜水艦が成功しなかったウルツブルク・レーダーの器材・図面の輸送を挽回すべく、イタリア海軍の潜水艦ルイジ・トレッリ号がドイツ・テレフンケン社(Telefunken)ウルツブルク・レーダー技術者ハインリヒ・フォーダス(Heinrich Foders)と電波兵器専門家の佐竹金次陸軍中佐を乗せ、ボルドーを出航した。輸送作戦の成功を担保するために同時にボルドーを出航した僚艦のバルバリーゴ号は、便乗者木原友二陸軍中佐・権藤正威陸軍大佐(後に少将)、ウルツブルク・レーダー設計図面を乗せたまま、同年6月24日、モロッコ沖にて英哨戒機の攻撃のために沈没した。ルイジ・トレッリ号は同年8月30日に無事シンガポールに到着(同艦は同年9月8日のイタリア降伏後、シンガポールでドイツ海軍に接収されUIT25と改名、さらに1945年5月8日のドイツ降伏後は日本海軍に接収され、伊号第五〇四潜水艦となった)、フォーダスは空路日本に向かい以後日本無線(株)にてウルツブルク・レーダー開発の技術指導を行い、レーダー付の高射指揮装置が日本人によって開発生産された。1945年(昭和20年)5月に2門のみ完成していた有効射高16,000m の15センチ高射砲(五式十五糎高射砲)と連動したこの高射指揮装置つき防空陣地が久我山に完成し、7月中旬から射撃をはじめ、8月1日にB-29を2機撃墜する戦果をあげた。

1944年(昭和19年)2月15日、太平洋方面での通商破壊と技術供与のため無償譲渡されるもう一隻の9型c/U1224の日本海軍への譲渡式がドイツ・キール軍港で日独伊三国同盟の軍事委員阿部勝雄海軍中将・渓口泰麿海軍中佐・友永英夫技術中佐らの臨席の下に行われた。同艦は呂号第五〇一潜水艦と命名された(日本海軍潜水艦船型別呼称によれば、基準排水量1,000トン以上を一等潜水艦、艦名を「伊号第○○潜水艦」、1,000トン未満を二等潜水艦、艦名を「呂号第○○潜水艦」、「波号第○○潜水艦」と命名して区別していた)。艦政本部の審査の結果、9型潜水艦は日本では技術的に生産不能と判断された。

1944年3月31日、乗田貞敏海軍中佐指揮下の呂号第五〇一潜水艦は半年近くバルト海のドイツ海軍潜水艦学校で習熟訓練を優秀な成績で修了した日本海軍の回航員の手によってキールを出航した。同艦には、根木雄一郎海軍技術中佐(潜水艦建造技術)・江見哲四郎海軍大佐(潜水艦戦術)・吉川春夫海軍技術中佐(Me262ジェット戦闘機)・山田精二海軍技術中佐が便乗した。しかし同年5月13日、アメリカ海軍の護衛空母ボーグ搭載の艦載機と護衛駆逐艦フランシス・M・ロビンソンの爆雷攻撃により沈没。東京の軍令部と阿部勝雄海軍中将との間の暗号通信が米海軍に解読されていた。貴重な人材とともに、ボーイングB-29爆撃機の迎撃に効果が期待されるMe163型ロケット戦闘機・Me262型ジェット戦闘機のエンジン他の資料は大西洋に消えた。

1945年(昭和20年)3月24日、UボートU234が日本に向けキールを出航した。Me163型ロケット戦闘機・部分品に分解された2機のMe262型ジェット戦闘機、ウラニウム鉱石560キロ他を積載、東京に赴任するウルリヒ・ケスラー空軍大将、反逆者を裁くために東京に赴く海軍法務官カイ・ニーシュリング海軍大佐のほか、対空射撃管制装置の専門家ハインツ・シュリッケ海軍少佐・対空射撃の専門家フリッツ・フォン・ザンダード空軍大佐及び帰国する友永英夫技術中佐(潜水艦建造技術)・庄司元三技術中佐(航空機エンジン)らが便乗した。しかし、1945年5月8日のドイツ無条件降伏受諾に従い、同艦は5月15日にアメリカ海軍護衛駆逐艦「サットン」に降伏した。なお同艦の降伏直前に、日本海軍の友永・庄司両技術中佐は連合軍の捕虜となることを潔しとせず自決している。

イタリア

フランス・ボルドー軍港にドイツ海軍との協同作戦基地を保持し、1943年3月にドイツ海軍との間で大型潜水艦の貸与協定を結んだイタリア海軍も5隻の潜水艦をアジアに送っている。またイタリア海軍は、日本が占領下に置いたシンガポールに潜水艦の基地を作る許可を取り付け、工作船と海防艦を送り込んだ。しかし、同年9月にイタリアが連合国に対して降伏したため、シンガポールに派遣されたイタリア海軍の潜水艦はドイツ海軍に接収され、1945年5月にドイツが降伏した後は日本海軍に接収され終戦を迎えた。

さらに詳しく → 遣独潜水艦作戦



Uボート・コマンダー―潜水艦戦を生きぬいた男 (ハヤカワ文庫NF)Uボート・コマンダー―潜水艦戦を生きぬいた男 (ハヤカワ文庫NF)
(1994/07)
ペーター クレーマー

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 伊号第三〇潜水艦 遣独潜水艦作戦 伊一五型潜水艦

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2092-aa53efa3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。