ピサロ歩兵戦闘車 (Austrian-Spanish Cooperative Development、Pizarro infantería combate vehículo)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/06/04(土)
*



ピサロ歩兵戦闘車 (Pizarro infantería combate vehículo) はスペインとオーストリアが共同開発したASCOD(Austrian-Spanish Cooperative Development)歩兵戦闘車のうち、スペイン陸軍向けのバージョンの名称である。また、本項ではオーストリア陸軍が採用したウラン歩兵戦闘車も扱う。

開発

本車は、1980年にオーストリアのシュタイア・ダイムラー・プフ社とスペインのサンタ・バルバラ社の合意によって開発が着手された。1990年に完成した最初の試作車(PT01)は重量21tで出力500hpのペガソ社製ディーゼルエンジンを搭載しており、1992年に完成した2番目の試作車(PT02)は重量26tで出力600hp、どちらの車両も転輪は複列式のものが片側6個である。3番目の試作車(PT03)はPT01を改修したもので、転輪が1個追加されて片側7個になった。

4番目の試作車(PT04)は1994年に作られ、スペイン陸軍では1996年に「ピサロ」として、オーストリア陸軍では1999年に「ウラン」として採用された。 スペインでは歩兵戦闘車型を123両、指揮車型を21両、オーストリア陸軍では112両を導入した。

装甲

車体と砲塔は圧延防弾鋼板による全溶接構造で、60度の傾斜が付けられた車体前面装甲板は14.5mm重機関銃弾の直撃に耐えられるとされているほか、車体形状はレーダー反射や赤外線反射が考慮されている。砲塔と車体の前面および側面には2段階のレベルで増加装甲を装着することができ、乗組員が選択できるようになっている。なお、スペイン陸軍向けのピサロの増加装甲はサンタ・バルバラ社製の爆発反応装甲であるといわれている。

バリエーション

ASCOD105 軽戦車バージョン

基礎データ

全長 6.986m
全幅 3.15m
全高 2.653m
重量 23.8t (ウランでは28.0t)
乗員数 3名+兵員8名

装甲・武装

装甲 圧延防弾鋼板
主武装 30mm機関砲MK30-2/ABM
副武装 7.62mm機関銃MG3 (ウランではMG74)
備考 76mm発煙弾発射機が左右各6基ずつ装備

機動力

速度 70km/h
エンジン V型8気筒液冷ディーゼル
600hp (ウランでは720hp)
行動距離 500km

さらに詳しく → ピサロ歩兵戦闘車



1/35 アメリカ陸軍 M1126歩兵戦闘車 ストライカー1/35 アメリカ陸軍 M1126歩兵戦闘車 ストライカー
()
トランペッター

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ピサロ歩兵戦闘車 ASCOD 歩兵戦闘車 AFV IFV スペイン陸軍

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2088-b2dbee87
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ