ペダー・スクラム級フリゲート F352 ペダー・スクラム (Peder Skram class frigate F352 Peder Skram)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/03/18(金)
*





ペダー・スクラム級フリゲート(デンマーク語: HDMS Peder Skram-klassen)はデンマーク海軍が運用していたフリゲートの艦級。1960年代後半より2隻が就役し、同国海軍の洋上兵力の中核として活躍したが、老朽化から、いずれも1987年に予備役編入された。

概要

本級の船体形状は平甲板型船体である。強く傾斜したクリッパー型艦首からシア(反り返り)の強い艦首甲板上に、主砲としてMk.38 5インチ38口径連装両用砲を中心線上に背負い式に2基、その後方に近代的な箱型艦橋の天井を基部として単脚式の前部マストが立つ。

船体中央部に2本煙突が立ち、その周囲は艦載艇置き場となっており、2番煙突の前側に立つ単脚式の後部マストを基部とするクレーン1基により運用された。

左右舷側上には対艦・対潜水艦用に53.3cm連装魚雷発射管が片舷1基ずつ計2基が配置された。近接対空用に40mm70口径単装機関砲を防水カバーの付いた単装砲架で、2番煙突と後部甲板上に1基ずつ計4基を配置した。

竣工後の1976年から1978年にかけて近代化改装が行われた。艦首の2番砲塔が撤去され、替わりにハープーン艦対艦ミサイルの4連装発射筒を舷側方向に向けて2基を設置した。また、後部甲板上にもシースパロー個艦防空ミサイルの8連装発射機を艦尾側に1基設置し、Mk.91 ミサイル射撃指揮装置も搭載された。

1982年にヘルルーフ・トロルは機関部の火災により深刻なダメージを受け、1983年まで修理を受けた。2隻とも1987年に予備役となり1990年代に除籍された。

同型艦

* ペダー・スクラム(F352 Peder Skram)
* ヘルルーフ・トロル(F353 Herluf Trolle)

性能要目

排水量 基準:2,200トン(改装後:2,425トン)
    満載:2,700トン
全長 112.6m
水線長 108.5m
全幅 12.0m
吃水 4.3m
機関 CODOG方式; 2軸推進
    P&W式JT4ガスタービン (各22,000PS) 2基
    GM式ディーゼルエンジン (各2,400PS) 2基
速力 常用:28.0ノット 公試:32.7ノット
航続距離 2,500海里/18ノット
    7,200海里/15ノット
乗員 士官:25名、水兵:182名

さらに詳しく → ペダー・スクラム級フリゲート



デンマークを知るための68章 (エリア・スタディーズ)デンマークを知るための68章 (エリア・スタディーズ)
(2009/06/30)
村井 誠人

商品詳細を見る
関連記事

タグ : デンマーク海軍 ペダー・スクラム級 フリゲート

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/2007-a8c23024
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ