62式7.62mm機関銃 (Sumitomo NTK-62、Type62 GPMG)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/02/21(月)
*

62式7.62mm機関銃(62しき7.62みりきかんじゅう)は、陸上自衛隊の普通科部隊等で使用されている機関銃である。日本国外の文献等では「NTK-62」「Type62 GPMG」等と表記されている。

概要

本銃は第二次世界大戦後、日本で初めて開発された軍用機関銃である。64式7.62mm小銃と共通の7.62mm弱装弾を使用する汎用機関銃であり、旧軍時代は弾薬共有が小銃・軽機関銃間にとどまり、重機関銃は別の弾薬が用いられていたが、自衛隊では汎用機関銃である62式機関銃が重機関銃と軽機関銃を代替することにより、補給体系の統一が達成された。現在では5.56mm機関銃MINIMIへの更新が進みつつあるが、現在でも一部の部隊で使用されている。

開発

戦後、アメリカ軍より供与されていたブローニングM1919重機関銃等に代わる新型機関銃として1954年(昭和29年)の陸幕装備委員会によって開発が決定された。沖縄戦での日本軍の戦訓を基に、嘉数の戦いなどでの日本軍軽機関銃の活躍が開発時の参考とされた。開発者は日特の河村正彌博士である。

1956年(昭和31年)10月に最初の試作型が完成。この時の試作型の外観は九九式軽機関銃に酷似しており、フラッシュハイダーが付いていて、キャリングハンドルも九九式と同じく前方向きで、九九式を30-06(7.62mm×63弾)仕様のベルト給弾方式に変更した様な物であった。その後、7.62mm×51弾に弾薬規格を変更し、1958年(昭和33年)に日特14型、1960年(昭和35年)に日特15型など、数回の試作が行われ、各種試験の後、1962年(昭和37年)に62式機関銃として仮制式採用された。

開発当時は、高性能で高い命中精度を持つとされた。スペックは傑作とうたわれた九九式軽機関銃とほとんど同じとされ、ガス圧作動方式、クロムメッキ加工、銃身交換機能などが共通している。派生型として、車両搭載用に構造を堅牢にした74式車載7.62mm機関銃がある。

構造・運用

開発・製造は日特金属工業株式会社(戦前の日本特殊鋼。現在は住友重機械工業に吸収合併)が担当した。1挺あたりの調達価格は約200万円(昭和60年当時)。プレス加工を多用した事で、当時としては高い生産性を誇る。

キャリングハンドルと一体になった銃身は2.5秒で交換可能で、腔内には耐久性を上げるためのクロムメッキが施され、外周には銃身の過熱を軽減するための冷却フィンを備える。二脚を標準装備しており、M1919重機関銃用の三脚の装着も可能で、必要に応じ地上に設置して射撃を行うこともできる。直接照準眼鏡(スコープ)を取り付けることで遠距離からの超過射撃も可能である。

82式指揮通信車の車体前部、副操縦手席上面のハッチ前には62式機関銃用の銃架が装着できる。62式機関銃は規整子(レギュレーター)を調節し、ガス流入量を調整することで、発射速度を変更する事ができる。「前端揺動式ティルティングボルト閉鎖機構」という特殊な機構を採用している。

射撃姿勢には「伏せ撃ち」「腰撃ち」「かがみ撃ち」などがある。「肩撃ち」「かかえ撃ち」もあったが、こちらは腕の力のみで重量と反動を支えねばならないため、射手には大きな負担がかかる。後継機種であるミニミ軽機関銃は本体が軽量で反動も軽減されているため、「かかえ撃ち」の負担は少ない。

評価

64式7.62mm小銃の開発者の一人である津野瀬光男は、著書「幻の機関銃」の中で、62式機関銃は64式小銃と比較して銃身の外径が小さく、構造が脆弱であると述べている。この細身の銃身こそが62式機関銃の欠陥の根本原因とされる。

他のメディアでも64式7.62mm小銃同様の部品数の多さによる整備性の悪さと、それによる重量増加、部品の隙間が大きいことによる部品脱落、連射時の命中率の悪さ、給弾不良や暴発や引き金を引くのを止めても発砲が止まらない自然撃発などの作動不良や故障の多さなどから、運用している隊員間で「62式言うこと聞かん銃」「62式単発機関銃」「キング・オブ・バカ銃」「無い方がマシンガン」といった蔑称がつけられたと紹介されている。62式機関銃の調達は既に終了しているが、これらの欠陥は30年間、最後まで改善されなかった。

仕様

種別 汎用機関銃
口径 7.62mm
銃身長 524mm
使用弾薬 7.62mm NATO弾
装弾数 ベルト給弾
全長 1200mm
重量 10700g
発射速度 最大発射速度約650発/分
    持続発射速度80発/分
銃口初速 855m/秒
有効射程 約800m

さらに詳しく → 62式7.62mm機関銃



最新・最強GUNカタログ最新・最強GUNカタログ
(2010/08/27)
笹川 英夫

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 62式7.62mm機関銃 汎用機関銃 陸上自衛隊 NTK-62

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1982-132b9c55
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ