ブレーメン級フリゲート F208 ニーダーザクセン (Bremen class frigate F208 Niedersachsen)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2011/02/02(水)
*

ニーダーザクセン(ドイツ語:Niedersachsen, F 208)は、ドイツ海軍フリゲートブレーメン級フリゲートの2番艦。艦名はニーダーザクセン州に由来する。

艦歴

ニーダーザクセン」は、ヴェーザーブレーメン造船所で1979年11月9日に起工し、1980年6月9日に進水、最終工程をブレーマー・フルカン造船所で仕上げて1982年10月15日に就役した。

2004年にNATOの常設海洋部隊(SNFL)に参加、2007年には国際連合レバノン暫定駐留軍の枠組みに基づき地中海での作戦行動に出動する。2008年には地中海で実施されたNATOの演習に参加。2010年2月には南アフリカ軍と合同演習を実施した。第2機動隊群第4フリゲート戦隊に所属し、ヴィルヘルムスハーフェンを母港としている。

主要諸元

艦種 フリゲート
艦級 ブレーメン級
排水量 満載 3,680トン
全長 130.5m
全幅 14.57m
吃水 6.5m
機関 CODOG方式、2軸推進 * LM2500ガスタービン × 2基
                  * MTU 20V956 TB92ディーゼル × 2基
機関出力 51,600 / 10,400hp
速力 30ノット(ガスタービン)
    20ノット(ディーゼル)
航続距離 4,000海里(巡航速度:18ノット)
乗員 204名
兵装 * 76/62 コンパクト単装速射砲 × 1基
    * MLG-27 27mm機関砲 × 2基
    * Mk.49 RAM 近SAM 21連装発射機 × 2基
    * Mk.29 シースパロー 近SAM 8連装発射機 × 1基
    * Mk.141 ハープーン SSM 4連装発射筒 × 2基
    * Mk.32 mod.9 連装短魚雷発射管 × 2基
艦載機 リンクス哨戒ヘリコプター ×2機
C4I SATIR-II CDS + リンク 11
レーダー * TRS-3D 3次元対空捜索 × 1基
      * WM-25 低空警戒/砲/PDMS射撃指揮 × 1基
      * STIR-180 PDMS射撃指揮 × 1基
      * ヌークレウス 5000 航法 × 1基
ソナー * STNアトラス DSQS-23BZ 船底装備
電子戦・対抗手段 * EADS FL-1800S 統合電子戦システム
            * SCLAR 囮発射機 × 2基
            * SLQ-25 ニクシー 対魚雷囮装置

さらに詳しく → ニーダーザクセン (フリゲート)



世界の軍隊バイブル世界の軍隊バイブル
(2010/03/19)
世界軍事研究会

商品詳細を見る
関連記事

タグ : F 208 ドイツ海軍 ブレーメン級 フリゲート ニーダーザクセン

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1963-abb5f826
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ