イタリア統一運動 (Risorgimento)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/10(月)
*

イタリア統一運動(イタリアとういつうんどう)は、19世紀に起こったイタリア統一を目的とした政治的・社会的運動。イタリア語でリソルジメント(Risorgimento)と呼ばれ、日本語でもそのまま用いられる。その時期の決定は難しいが、ほとんどの学者がナポレオン・ボナパルトの統治が終わった1815年のウィーン会議から始まったとしており、1871年の普仏戦争時には終わったとしている。最終的に未回収のイタリアがイタリア王国に統合されるのは、第一次世界大戦におけるイタリアの戦勝の後であった。

概要

5世紀の西ローマ帝国の滅亡以来、イタリアとよばれた地域、つまりイタリア半島と、その付け根のアルプス以南の大陸部分と、サルデーニャやシチリアなどの島々は、ゲルマン人や東ローマ帝国、イスラーム勢力などの外来勢力に分割され、統治されてきた。幾度となくイタリア統一の試みはあったが、世俗国家による統一を阻んだ教皇庁により、イタリアの各国家はオーストリア、スペイン、フランスの後ろ楯でイタリア各国での権力争いが行われていた。

そんな中、フランス領へ編入されたがイタリアの一部とも言えるコルシカ島出身のナポレオンは、民衆の蜂起をうまく利用しながら、イタリア半島の統一を達成した。その経験から、イタリア人は独自の国家を立ち上げる必要性を感じた。19世紀当初はカルボナリやマッツィーニの青年イタリアを中心とした勢力により、イタリアの統一と封建制度の打倒を目指した。

1848年革命に伴う「ローマ共和国」の失敗後は封建国家であるサルデーニャ王国を中心とし、イタリア独立戦争と銘打って、オーストリア帝国の属領ロンバルド=ヴェネト王国(旧ミラノ公国、ヴェネツィア共和国の本土領)の奪回などを行った。また、ジュゼッペ・ガリバルディは私設軍隊である千人隊を率いてシチリア島に上陸し、最終的には南イタリアの両シチリア王国を征服した。彼はこの功績によりイタリア統一の英雄とされた。また、トスカーナ、エミリア=ロマーニャ、ウンブリアなどの中部イタリアは住民投票によってサルデーニャ王国への併合を決めた。この時の各勢力の旗には、現在のイタリア国旗である赤白緑の三色旗を基本としたものが用いられた。

1861年にはイタリア王国が建国され、統一は一応の成立を見る。1866年にはヴェネツィア、1870年にローマなどの教皇領の残りを併合し、半島の統一は終了するが、イタリア人(イタリア系の文化を持つ者)が住む土地全てを統一の対象としたこの運動において、未回収地の併合はその後も政治課題として残った(未回収のイタリア)。この問題は第二次世界大戦時には他国侵略の理由となった。

戦争

第一次イタリア独立戦争

イタリア統一戦争とも呼ばれる一連の戦争は、サルデーニャ王カルロ・アルベルト率いるサルデーニャ王国及びイタリア諸国連合が1848年に開始した。しかしラデツキー将軍率いるオーストリア軍にノヴァーラの戦いで敗北し、さらに翌年カルロ・アルベルトが急死したため挫折した。

第二次イタリア独立戦争

第二の統一戦争は、カルロ・アルベルトの息子、サルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によって行なわれた。1859年に開始され、首相カヴールがプロンビエールの密約によってフランス皇帝ナポレオン3世の支援を受け、統一戦争最大の難問だったオーストリア帝国をイタリアから追放した。また義勇軍として、ガリバルディがシチリア、ナポリを解放、1861年にはローマ教皇領、ヴェネツィアを除きイタリアは統一され、イタリア王国が成立した。国王ヴィットーリオ・エマヌエーレはイタリア国王として即位した。

第三次イタリア独立戦争

第三の統一戦争は、1866年に普墺戦争に連動してオーストリアに対して行われた。この戦争では、イタリア軍はクストーツァの戦いやリッサ海戦で大敗し、ガリバルディがベッツェッカで勝利した以外の戦勝はなかった。しかし、同盟国であるプロイセン王国がオーストリアに勝利したため、イタリアはヴェネツィアを含むヴェネト地方 を獲得した。

さらに詳しく → イタリア統一運動



第三のローマ―イタリア統一からファシズムまで第三のローマ―イタリア統一からファシズムまで
(2001/11)
藤沢 房俊

商品詳細を見る
関連記事

タグ : イタリア統一運動 政治運動 社会運動 イタリア王国

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1939-286ff9fe
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。