コルト ローマン (Colt Lawman)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/12/28(火)
*



コルトローマンColt Lawman)は、アメリカの銃器メーカーコルト社が1960年代に開発した「コルトMkIIIシリーズ」の回転式拳銃である。

特徴

ローマン」(法執行人)の名が示す通り警察向けの拳銃として設計されており、従来のコルトリボルバーと比較すると銃身の肉厚が増やされているので強力な.357マグナム弾が使用できるようになっている。特に2インチモデルは小型軽量でありながらマグナム弾の発射が可能なため、開発当時は主にアメリカの警察に使用された。

コルト社の高級リボルバーとして知られるパイソンとは違い低価格であるが、暴発を防ぐ機構「セフティコネクター」や新型のトリガーメカニズムを導入するなど、内部に関しては細かな改良が加えられている。

バリエーションとしてはエジェクターロッドシュラウドを持たない前期型とシュラウドを持つ後期型がある。その他に.38スペシャル弾専用モデルの「オフィシャルポリス」と可変リアサイトを装備した「トルーパー」(下記で詳述)も製造され、これらのリボルバーもアメリカの警察に使用されていた。1980年代には「ローマンMkIII」に更に改良を加えた「ローマンMkV」が発売された。

現在のアメリカにおいては非常にマイナーな機種となっているが、日本においては刑事ドラマに多く登場する拳銃であることから未だにファンが多い。ただし現実に日本の警察に使用されたことはないとされている。

コルト・トルーパー

1953年に発売されたコルト社初のマグナムリボルバー。3年後の1956年に同社の傑作であるパイソンが登場したため地味な存在となってしまったが、ローマンMkIIIの発売と同時期の1960年代に、S&W M19を思わせるバレルシュラウドを持った「トルーパーMkIII」にリニューアルされたことで、アメリカではある程度の知名度を持つようになった。それからは.357マグナム弾を使用する標準モデルの他に、ユーザーからの要望で.22マグナム弾を使用するものも製造されるようになるなど、一定の好評を得た。

1980年代にはローマンと共に「コルトMkVシリーズ」に更新され、パイソンを思わせるベンチレイテッドリブを持つ「トルーパーMkV」となった。このトルーパーMkVの銃表面のバフ磨き鏡面仕上げを省略した廉価版として「ピースキーパー」も作られたが、数年後には同社のリボルバーであるキングコブラやアナコンダにとって代わられることとなった。

性能

口径 .357
使用弾薬 .357マグナム弾
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション
全長 190mm
重量 992g

さらに詳しく → コルト・ローマン



銃の基礎知識―銃の見方から歴史、構造、弾道学まで銃の基礎知識―銃の見方から歴史、構造、弾道学まで
(2008/09)
小林 宏明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : コルト ローマン Colt Lawman

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1926-556de079
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ