ヘッケラー&コッホ AG36/M320 グレネードランチャー (Heckler & Koch AG36、M320 Grenade Launcher)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/12/20(月)
*





M320 グレネードランチャーは、アメリカ軍が採用を予定している40mm擲弾発射器である。コンペティションにより2006年にヘッケラー&コッホとの間に契約が交わされ、現在はXM320の仮型式番号が与えられている。正式に導入された場合は「実験」を示す接頭語のXが外れ、M320となる予定である。ヘッケラー&コッホでの型式はAG36である。

概要

基本構造はM203に近い。すなわち、40×46mm擲弾を単発で発射し、ピカティニー・レールを介してM16やM4カービンの銃身下に装着できるほかストックなどのアクセサリーキットを用いれば単体の兵器として運用可能で、銃尾から弾薬を装填するものである。

銃身は、銃口付近のヒンジを支点に銃尾を左側にスイングするように動き薬室を開放する。M203は銃身を前にスライドさせて薬室を開く構造のため装填できる弾薬の長さに制限があったが、M320はいかなる長さの弾薬も使用可能である。特に非致死性の弾薬は長いものが多い。安全装置は、左右両側から操作できる。

以下の点でM203と違いがある。

* M320にはピストル型のグリップがある。M203にはグリップはなく、銃本体の弾倉をグリップのように利用した。

* 照準具は側面に位置している。M203で問題とされたグレネードランチャーのサイトと銃本体サイトの干渉を解決した。

* ダブルアクションによる撃発となった。もし不発射だった場合、射手は引金を引きなおすだけで射撃ができる。M203はシングルアクションであったため、不発射だった場合は銃身を前にスライドさせて装填をやり直してから引金を引く必要があった。

バリエーション

* AG36 - オリジナル上部にG36のハンドガードが上部に装備されている。
* GLM - AG36の上部ハンドガードにG36のストックを装備したもの。
* XM320(GL36、AG-C/EGLM) - 20ミリピティカカニレール対応型

性能

口径 40mm
銃身長 280mm
使用弾薬 40×46mm
装弾数 1発
作動方式 ダブルアクション
全長 350mm
重量 1500g
銃口初速 76m/秒
有効射程 150m

さらに詳しく → M320 グレネードランチャー



電撃戦〈上〉グデーリアン回想録電撃戦〈上〉グデーリアン回想録
(1999/03)
ハインツ グデーリアン

商品詳細を見る
関連記事

タグ : M320 グレネードランチャー アメリカ ヘッケラー&コッホ AG36

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1913-f89a3c7c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ