スミス&ウェッソン M28 ハイウェイパトロールマン (Smith & Wesson Model 28 Highway Patrolman)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/12/09(木)
*





S&W M28は、アメリカの銃器メーカースミス&ウェッソン社が1954年に開発した回転式拳銃である。一般には「ハイウェイパトロールマン」の愛称で呼ばれる。

特徴

高威力の.357マグナム弾を使用する拳銃であるが大型のNフレームを採用しているため、よほどのことがない限りはM19のように耐久力不足が原因で破損を起こすようなことはない。ただし拳銃としてはかなり重量があるため「ハイウェイパトロールマン」の名とは裏腹に、常時拳銃を持ち歩く警官用にはあまり向いていない。そのため、実際に警察関係に制式採用されたことはあまりなかったとされている。

だがフィクションの世界においては、コルト・ローマンと並んでかつての刑事ドラマの小道具として良く使われるなど、警察用拳銃としての活躍が多い。また、日本で初めてプラスチック製回転式モデルガンとして登場し人気を博した銃でもある。

M27

このM28の原型にあたる機種が、1935年に登場して.357マグナム弾と共にデビューした「M27」である。こちらは銃の表面が丁寧に仕上げられており、より細かく調節できるリアサイトが装備されているなど、M28よりも高級な拳銃として位置づけられている。バリエーションとしてステンレスモデルの「M627」も少数生産された。M27の3.5インチモデルはジョージ・パットン将軍がSAAと共に愛用していた。他に、ベトナム戦争時の米軍特殊部隊員も接近戦用・バックアップ用として個人で所持していたとの情報がある。

M27やM28はフレームが大きい分、シリンダー(弾倉)も大きいので細身の.357マグナム弾ならば7~8発分の収納スペースを作ることができる。アメリカの射撃愛好家達はこれを活かしてM27やM28を7~8連発の銃にカスタマイズし、射撃競技によく使用している。

性能

口径 .357口径(約9mm)
銃身長 102mm
使用弾薬 .357マグナム弾
装弾数 6発
作動方式 ダブルアクション
全長 241mm
重量 1162g

さらに詳しく → S&W M28
外部リンク → Smith&Wesson



[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)
(2010/08/31)
床井 雅美、小林 宏明 他

商品詳細を見る
関連記事

タグ : スミス&ウェッソン M28 ハイウェイパトロールマン Smith&Wesson

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1891-b9b55f70
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ