コルト M1851 (Colt 1851 Navy Revolver)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/12/07(火)
*







コルト M1851 navyはアメリカの銃器メーカーであるコルト社が1851年に発売したパーカッション(銃用雷管)式シングルアクションリボルバーである。コルト社は1848年にコルトM1848(通称コルト・ドラグーン)を開発し、アメリカ陸軍の制式拳銃に採用された。そして1851年に軽量化したM1851を開発した。

マシュー・ペリーが2度目に来日した1854年、当時最新型だったこの拳銃を幕府の重臣達に数丁贈ったとされている。のちに水戸藩でコピーされ桜田門外の変の際に井伊直弼暗殺に用いられたらしい物が、大阪の古式銃愛好家の手で保管されていることが2010年1月に確認された。

さらに詳しく → コルトM1851



[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)[完全版]図説・世界の銃パーフェクトバイブル (歴史群像シリーズ)
(2010/08/31)
床井 雅美、小林 宏明 他

商品詳細を見る
関連記事

タグ : シングルアクション コルト M1851 Colt リボルバー

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1887-13074a0d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ