コルト M1848/コルト・ドラグーン (Colt Model 1848 Percussion Army Revolver、Colt Dragoon Revolver)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/12/04(土)
*



コルト M1848(通称コルト・ドラグーン) はパーカッション式シリンダー先込め銃(回転式拳銃)であり、フリントロック式からメタルカートリッジ式への過渡期に使用されていたものである。1848年にアメリカ陸軍の制式拳銃となり、後継機コルトM1860が登場するまで12年間その地位を守った。

装弾数は6発で、シリンダーに火薬を篭めてから、パッチを被せ、弾丸を詰める。発砲するためには薬室前面にグリスを塗布し、雷管をニップルに被せることが必要である。グリスを塗布し忘れると、発砲時に他の薬室の火薬に火が移り非常に危険である。この現象をチェーンファイア(数珠繋ぎ発火)という。

性能

口径 .44
銃身長 約7.5インチ
使用弾薬 .44
装弾数 6発
作動方式 パーカッション式
全長 355mm
重量 1885g

さらに詳しく → コルトM1848



図解古銃事典図解古銃事典
(2006/08)
所 荘吉

商品詳細を見る
関連記事

タグ : コルト M1848 コルト・ドラグーン パーカッション式 リボルバー 回転式拳銃

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1881-22bc5df8
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ