ヘンリー連発銃 (Henry rifle、Henry repeating rifle)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/11/23(火)
*



ヘンリー銃ヘンリー連発銃(Henry repeating rifle)は、レバーアクション後装式、管状弾倉装填方式のライフルである。

歴史

オリジナルのヘンリー銃は、1850年代後半にベンジャミン・タイラー・ヘンリーによって設計された、.44口径リムファイア、レバーアクション後装式のライフルである。ヘンリー銃は以前のボルケニックライフル(スミス&ウェッソンを設立したホーレス・スミスとダニエル・ウェッソンの二人が同社設立前に開発したライフル)の改良版である。1860年にニューヘイヴンアームズ社初のレバーアクションライフルM1860 ヘンリー・ライフルが誕生した。

ヘンリー銃は火薬の25グレイン(1.6 g)以上の216グレイン(14 g)の弾丸がある銅(後に真鍮)製のリムファイアカートリッジを使用した。1862年の夏から10月までの間に900挺が製造されていた。1864年までには、生産は1カ月あたり290挺と頂点に達した。1866年に生産が終わる時までには、約1万4000挺のユニットが製造されていた。

南北戦争中は、M1860ヘンリーライフルは北軍の軍人が大量に所有した。軍にとっての制式採用はされなかったが、多くの軍人が自前でヘンリー銃を購入した。正しく使用されると縁どられたライフル銃が1分あたり28発の速度に発火させるかもしれない真鍮によって、1つを買うために彼らの賃金を節約した軍人は、しばしば彼らが生き残るのを助けると信じていた。それらは頻繁に偵察、散兵、側面番人、および定期的な歩兵構成でというよりむしろ襲撃隊によって使用された。

この致命的な「16シューター」に面していなければならなかった驚いている前装銃を装備した南軍兵士達に、「日曜日に装填すれば一週間ずっと撃てる、いまいましいヤンキーのライフルだ!」ということだった。ほんのわずかなヘンリー銃は限鹵獲されたベースに南部同盟の軍によって使用された。これらのライフル銃の1つの所有物に入ったわずかな南部同盟の軍しか、ほとんどこの銃によって使用される特別な弾薬を補給する方法を持っていなかったので、南部同盟の力による普及使用は非常に非実用的だった。しかしながら、異なった南部同盟の約15個のユニットによって少なくとも一部使用されたのが知られていて、ライフル銃はそうだった。これらの部隊はアメリカ連合国のジェファーソン・デイヴィス大統領の個人的な護衛と同様に、ルイジアナ、テキサス、ヴァージニア騎兵隊を含んでいた。

ホーレス・スミスとダニエル・ウェッソンが財政難のため大部分の所有権がオリバー・ウィンチェスター氏に引き継がれることとなった。ニューヘイヴンアームズ社によって製造されていたヘンリー銃は、有名なウィンチェスターM1866 レバーアクションライフルに発展した。新しいM1866の導入とともに、ニューヘイヴンアームズ社はウィンチェスターリピーティングアームズ社と改名された。

作動機構

ヘンリー銃は26~28グレイン(1.7~1.8 g)の黒色火薬の.44 口径カートリッジを使用した。これは同時代のスペンサーなどの他の連発銃よりかなり少ない砲口初速とマズルエナジーをそれに与えた。レバーアクションは、振りおろしで部屋から空薬莢を放出して、ハンマーを傾けた。弾倉のスプリングは次の弾を部屋に強制した。位置にレバーを固定して戻すと、ライフル銃は射撃態勢に封をし返された。それが設計されたとき、ライフル銃は非常に安全な兵器ではなかった。使用中でないときに、ヘンリー銃で、ハンマーは、カートリッジの縁で傾けられるか、または静止しているでしょう。前者の場合、ライフル銃は、安全を全く持たないで、射撃態勢にあった。後者は、露出しているハンマーの後部への影響で、部屋に閉じ込められた弾は撃つことができた。

現在の生産

1973年に、ルイス・インペラートはアイバージョンソンアームズ社を買って、M1カービンの商業バージョンを作り始めた。1993年に、インペラートは、ヘンリーリピーティングアームズ社の新たに休養させられた名前の下の現在ニューヨーク、ブルックリンで製造されている.22口径ライフル銃を製造するために彼の故郷のブルックリンに工場を創設した。現在の会社は、オリジナルのヘンリー銃と混同しないように、この記事が定義する南北戦争期間の銃砲を生産しない。それは後のマーリンタイプには、より同系のレバーアクションライフルを生産する。

それは.44ヘンリーリムファイアでは利用可能ではないが、ウベルティファイアアームズはほとんど正確なコピーヘンリーModel 1860を生産する。代わりに、それらは.44-40 ウィンチェスターや.45口径 ロングコルトなどのセンターファイアのために部屋に閉じ込められる。これらのレプリカはネイビーアームズ社を通じて配布される。銃はN-SSAで南北戦争 reenactors、および競争シューターの中で人気がある。

メディアへの出演

他の多くの西部劇の映画とテレビ番組では、他のモデルウィンチェスターズ(通常Model920年代)にもかかわらず、時折73年代の物と取り扱われて、「ヘンリー」銃と呼ばれたフォアストックがある94年代のものに遭遇するだろう。通常、これらの銃は銃器マニアによって「ハリウッドヘンリー」と呼ばれる。そのようなライフル銃がフィルムのグレゴリー・ペックStalking月によって使用されるのを見ることができる。フィルムの間のいくつかの拡大図では、明確に、ウィンチェスターのローディングゲート(ヘンリー銃に存在していなかった)を見ることができる。

開発史

開発者 ベンジャミン・タイラー・ヘンリー
開発期間 1850s
製造業者 ニューヘイヴンアームズ社
製造期間 1850s-1866
製造数 約14,000 挺

諸元

口径 .44 口径 リムファイア
作動方式 レバーアクション、後装式
発射速度 28 発/分
装填方式 16 発入り管状弾倉

さらに詳しく → ヘンリー銃  Henry rifle(英wiki)
外部リンク → Henry Repeating Arms Company



戦死とアメリカ―南北戦争62万人の死の意味戦死とアメリカ―南北戦争62万人の死の意味
(2010/10)
ドルー・ギルピン ファウスト

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ヘンリー銃 ヘンリー連発銃 レバーアクション 後装式

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1859-225da35c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ