満蒙開拓青少年義勇軍

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/29(月)
*









満蒙開拓青少年義勇軍は、1938年から終戦まで、旧日本軍がつくった旧満州国に日本から送られた10代の少年たちのこと。旧ソ連軍への防備や国内の農村の人口増加対策のために送られた。

まず軍事訓練を受けた成人男子を開拓団として派遣し、入植拡大とともに義勇軍の少年を送った。旧満州に渡った義勇軍は約8万6千人とされる。茨城県の内原訓練所で2ヵ月,満州で3年間訓練された開拓団で,警備隊も編制して軍事的性格をもつ。国民精神総動員運動の一翼をになった。

ちなみに、青少年義勇軍を含む満州開拓移民の総数は27万人とも、32万人ともされる。ソ連の参戦でほとんどが国境地帯に取り残され、日本に帰国できたのは11万人あまりだった。

敗戦後の日本の混乱により、開拓移民団を中心とした大陸から帰国した「引揚者」は帰国後の居住のあてもなく、戦後も苦難の生活を余儀なくされた。政府は、彼らに移住用耕地を日本の各地に置くことにしたが、いずれの土地も荒れ 耕作には適さず多くの人々は過酷な状況にさらされた。敗戦によって日本全体が困窮しており、政府は満足な支援が出来なかった。このような帰国移民向けの移住用耕地を「引揚者村」という。

さらに詳しく → 満蒙開拓移民  中国残留日本人



少年たちの満州―満蒙開拓青少年義勇軍の軌跡少年たちの満州―満蒙開拓青少年義勇軍の軌跡
(2007/12)
新井 恵美子

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 満蒙開拓移民 満蒙開拓青少年義勇軍 満州国 満蒙開拓団

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1856-becec6da
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。