ブローニング M1918自動小銃 (M1918 Browning Automatic Rifle、BAR)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/11/08(月)
*







ブローニング自動小銃(Browning Automatic Rifle = BAR)M1918は、20世紀を通してアメリカ軍をはじめ、各国の軍隊により使われた、自動小銃と機関銃を兼ねた武器であり、結果的に「分隊支援火器」の始祖と言える。

1917年、有名武器デザイナーのジョン・M・ブローニングにより、ヨーロッパ大陸に派遣された米軍に装備されていたフランス製のショーシャ機関銃とM1909ホチキス機関銃の更新用として設計された。基本型は.30-06(7.62mm×63)弾を使用し、歩兵分隊の移動に追従できる最も軽い二脚付き機関銃として使用された。

設計と歴史

BARは、ガスオペレーション方式、空冷、弾倉装弾式の銃器である。米軍用に製造されたBARは、.30-06スプリングフィールド弾を標準採用していた。重さは形式により異なるが、無装填の時7.3~8.6kgである。弾倉の装弾数は20発。

BAR M1918は、射手がフルオート射撃とセミオート射撃を選択できた。最初の量産品は1918年2月に出荷され、これは「行進用火力 marching fire」用の自動火器として、塹壕から塹壕へ移動しつつ戦う歩兵分隊の有効な支援火器となった。BARの射手は弾倉入りの帯型ケースを首から下げ、腰だめに銃を構えた。この火器の登場により、制圧射撃をして敵が手遅れになるまで頭を下げている間に、他の兵士が前進できるようになった。85,000丁が、第一次世界大戦の終わりまでに製造された。

1937年6月、少数のM1918 BARに、銃身下のガスシリンダーへのスパイク付き二脚の取り付けと、肩当てプレートの取り付けが行われた。これはM1918A1として制式化された。

1940年には最後のBAR M1918A2が製造された。これは分隊支援火器の射撃手専用としてフルオート作動のみとし、セミオート射撃能力を廃止した。連射速度は調整可能となり、射手は「高速(毎分500~600発)」と「低速(毎分300~450発)」を選ぶことができた。二脚に付いていたスパイクはなくなり、突撃の際などに重くかさばる二脚自体を簡単に外すことができるようになった。1942年には、銃床がクルミ材からプラスチック(ベークライト)製に替えられ、第二次世界大戦末期には銃身の上にキャリングハンドルが取り付けられた。

本銃は第一次世界大戦末期、第二次世界大戦中、朝鮮戦争などで、常に歩兵と共に最前線にあった。ベトナム戦争でも、海兵隊が使用した他、南ベトナム軍に支給されている。またNATOのいくつかの国と陸上自衛隊、アメリカ対外援助の対象国はBARを採用し、国によっては1990年代まで使われ続けた。自衛隊では1960年代後半に62式7.62mm機関銃や64式小銃に更新され消えていったが、信頼性の高さゆえに好評であった。ポーランド、スウェーデン、ベルギーはBARの発展型として、ピストル式グリップの採用と、素早く交換できる銃身に改修したモデルを製造した。

設計上の欠点として、固定銃身であった為に銃身が加熱・摩耗しても交換不可だったことが挙げられる。戦場ではセミオートで射撃を行ったり、A2から追加された連射速度調整を使用するなどの苦肉の策が取られていた。また箱型弾倉は20発入りであるが、分隊支援火器としては弾数が不足気味であり、BAR の開発後に登場したZB26軽機関銃を源流とする各国の軽機関銃(ブレン、九六式など)と比較すると見劣りする。また重量が増加する上にコストのかかる削り出し加工による精密な内部部品を使用していた。分隊支援火器としては火力不足な感も否めないところがあったが、極めて頑丈で信頼できるという評価を得たBARは兵士の間で非常に人気の高い銃であった。

BARは民間でも歴史に残る使われ方をされている。「俺たちに明日はない」で映画化もされた有名な強盗、クライド・バローは30歳代の時に、州兵の武器庫から盗んだBARの銃身を切りつめたものを使っていた。

現在、セミオート・バージョンの民間用BARが、1918A3 SLR (Self Loading Rifle) として製造されている。ブローニング社から提示されたBARハンティング・ライフルは、初期のM1918シリーズとは完全に無関係である。

派生型のまとめ

M1918

* 1917年設計、1918年開発。
* 基本型、フルオート・セミオート切り替え。

全長1214mm 銃全長611mm 装弾数20発 使用弾薬30-06 ライフリング4条/右回り

M1918A1

* M1918の改修版として、1937年に登場。
* 二脚と肩当てプレートの取り付け。

M1918A2

* 1940年に登場。
* フルオートのみ、発射速度切り替え可能(高速・低速)。

1918A3 SLR

* 民間バージョン。
* セミオートのみ。

wz1928

* ポーランドで1928年に登場。

性能

口径 7.62mm
銃身長 610mm
使用弾薬 .30-06スプリングフィールド(7.62mm×63)
装弾数 20発(着脱式箱型弾倉)
作動方式 ガス圧利用
       オープンボルト
全長 1,214mm
重量 7.2~8.8kg
発射速度 300~650発/分
銃口初速 805m/s
有効射程 548m

さらに詳しく → ブローニングM1918自動小銃



小銃・拳銃・機関銃入門―日本の小火器徹底研究 (光人社NF文庫)小銃・拳銃・機関銃入門―日本の小火器徹底研究 (光人社NF文庫)
(2008/11)
佐山 二郎

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ブローニング M1918自動小銃 BAR ブローニング自動小銃

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1825-4022639c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ