コルト M1903 ポケット ハンマーレス(Colt Model 1903 Pocket Hammerless)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/11/06(土)
*





コルトM1903は、銃器設計者として知られるジョン・ブローニングが設計し、アメリカのコルト社が製造した自動拳銃である。一般には「コルト.32オート」の名で知られている。

特徴

特徴としてはハンマーがスライドに内蔵されており、マニュアルセフティ(指で扱う安全装置)とグリップセフティ(グリップを握りこむことで解除される安全装置)の二つの安全装置を持つことが挙げられる。この安全装置は、ハンマーがコッキングポジションにあるときのみマニュアルセフティがオンになり、同時にグリップセフティも握りこむことができるという仕組みになっている。

ブルーフィニッシュの標準モデルの他にニッケル鍍金が施されたものもあり、小型軽量で信頼性が高い為、かつては多くの軍隊や警察機関で使用されていた。この他、ベルギーのFN社とアメリカのブローニング・アームズ社でも同じ仕組みを持つM1903ピストルが生産されていた。また、派生型のコルトM1908も存在し、これは世界で最初に.380ACP弾を使用する拳銃である。

なお、M1903は大日本帝国陸軍の将校にM1910に次ぐ人気があった。また、かつての日活アクション映画によく登場した銃(日活コルト)として、日本でも知名度が高い。

性能

口径 .32口径(7.65mm、M1903
    .38口径(9mm、M1908)
銃身長 127mm
使用弾薬 .32ACP弾(M1903
       .380ACP弾(M1908)
装弾数 8+1発(M1903
      7+1発(M1908)
作動方式 ブローバック
全長 205mm
重量 930g

さらに詳しく → コルトM1903



スポーツガンガイドブック 2011スポーツガンガイドブック 2011
(2010/09/26)
竹村吉史

商品詳細を見る
関連記事

タグ : コルト M1903 Colt ポケットハンマーレス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1821-1add751c
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ