チャンギ刑務所(Changi Prison)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/03(水)
*  

チャンギ刑務所(Changi Prison)は、シンガポール東部のチャンギ地区にある刑務所。

1936年に英国海峡植民地の行政府によって、民間人の監獄として建設された。 第二次世界大戦中の1942年2月、日本軍によりシンガポールが陥落すると、日本軍は約3000人の民間人を、わずか600人収容のチャンギ刑務所に押し込んだ。また刑務所近くにあった英国軍のセララン兵舎を、英国人、オーストラリア人を中心とする同盟国の捕虜50000人強を収容する捕虜収容所として使用した。英国やオーストラリアで、「チャンギ」という言葉は刑務所を表わす言葉となった。

日本のシンガポール占領中に、約850人の捕虜がチャンギに抑留中に亡くなった。全体の27%が死亡したが、日本の捕虜収容所では相対的に低い死亡率であった。しかし、多くの捕虜が、シンガポール国外の様々な強制収容所に移送された後に死亡したり、泰緬鉄道の建設やサンダカン死の行進などにより死亡した。

1944年に、オーストラリア人を中心とする同盟軍の捕虜によって、刑務所内にチャペルが建てられた。

1995年、ベアリングス銀行のシンガポール支店で働いていたニック・リーソンが、同社に極秘で行っていたデリバティブ取引で多額の損失を出して、銀行を倒産に追い込んだ。逃亡の末、彼はドイツで身柄を拘留されてシンガポールに移送され、チャンギ刑務所に収監された。1998年に彼は既に出所している。

さらに詳しく → チャンギ刑務所
外部リンク → シンガポール チャンギ刑務所のページ


大きな地図で見る



戦争犯罪の構造―日本軍はなぜ民間人を殺したのか戦争犯罪の構造―日本軍はなぜ民間人を殺したのか
(2007/02)
田中 利幸

商品詳細を見る
関連記事

タグ : チャンギ刑務所 シンガポール 大日本帝国 第二次世界大戦 太平洋戦争 大東亜戦争

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1797-e550c12d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。