ヘッケラー&コッホ HK53 (Heckler & Koch HK53)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/10/16(土)
*





HK53とは、ヘッケラー&コッホ社のHK33の短縮型カービン・モデルである。

概要

ヘッケラー&コッホ社では、5.56mm NATO弾を使用するアサルトライフルであるHK33をグループ2に分類しており、これを元にして、特殊作戦などの用途を狙い、銃身などを短縮化したのがHK53である。

HK53は、HK33シリーズよりも銃身を179 mm短縮しており、全長にして、160mm(銃床展張時)/145mm(銃床短縮時)の短縮を実現している。これは、9mmパラベラム弾を使用する短機関銃であるH&K MP5の伸縮式銃床採用型に近い大きさである。このため、サブマシンガンと呼称される場合もある。

作動機構はHK33と同様にローラー遅延式ブローバックを採用し、トリガー・グループなど、一部の部品については、MP5との互換性が確保されている。

HK33シリーズがA1/A2からA3/A4に発展するに従って、HK53もA3準拠のモデルが開発された。また、装甲車の銃眼から射撃できるように改設計されたHK53 FPWが派生したほか、G3以来引き継がれてきた金属製ドラム型照準器のかわりに、1.5倍の光学スコープを固定装備したGR2も開発された。

性能

口径 5.56mm×45
銃身長 211mm
ライフリング 6条右転
装弾数 20/25/30/40発(箱形弾倉)
作動方式 ローラー遅延式ブローバック
全長 780mm(銃床展張時)
    590mm(銃床短縮時)
重量 3,320g
発射速度 700発/分
銃口初速 750 m/s (2,460.6 ft/s)
有効射程 400m

さらに詳しく → H&K HK53
外部リンク → Heckler & Koch



カラシニコフライフルとロシア軍の銃器たち (ホビージャパンMOOK 199)カラシニコフライフルとロシア軍の銃器たち (ホビージャパンMOOK 199)
(2007/03/08)
不明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : H&K HK53 ヘッケラー&コッホ Heckler&Koch

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1775-13df5768
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ