M8軽装甲車 グレイハウンド (M8 Light Armored Car、Greyhound)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/10/11(月)
*





M8装甲車(英語:M8 Light Armored Car)はアメリカ陸軍が運用していた汎用装輪装甲車である。開発・生産はフォード社が行っている。1943年に生産が開始され、1945年の生産終了までに約8,600両が生産された。愛称はグレイハウンド(Greyhound)。

概要

3軸6輪の装輪式装甲車であり、車体前上部にオープントップ式の旋回砲塔を搭載、ここに37 mm 砲を装備している。全長5 m ほどの小型の車体であり、装輪式のため平地や路上での高速移動が可能であったことから、主に偵察などに使用された。ドイツの装甲車と比べるとシンプルで生産性、整備性に優れたが、路外踏破性能はそれほど高くなかった。

本来は37 mm 戦車砲を備えた戦車駆逐部隊での装備を予定した車輛だが、戦車の重装甲化によりもはや37 mm での対戦車戦闘などままならぬ状況となったので、偵察用途に変更された。

派生型

M20 汎用装甲車
M8の砲塔を撤去し兵員室を設けた車両。M8と共に使用された。

T69 対空自走砲
M8に4連装12.7mm重機関銃を装備した動力旋回式の銃塔を装備した車両。M3ハーフトラックのバリエーションであるM16対空自走砲に比べて総合的に劣ると判断され試作に終わった。

基礎データ

全長 5.01 m
全幅 2.54 m
全高 2.64 m
重量 7.8 t
乗員数 4 名

装甲・武装

装甲 19 mm
主武装 37 mm M6 戦車砲
副武装 7.62mm M1919機関銃(主砲同軸)
     12.7mm M2機関銃

機動力

整地速度 90 km/h
不整地速度 48 km/h
エンジン Hercules 6気筒ガソリン
      110 hp/ 82 kW
懸架・駆動 リーフスプリング式
       装輪式6×6駆動
行動距離 640 km
出力重量比 14.1 hp/tonne

さらに詳しく → M8装甲車



M1エイブラムスはなぜ最強といわれるのか 実戦を重ねて進化する最新鋭戦車の秘密 (サイエンス・アイ新書)M1エイブラムスはなぜ最強といわれるのか 実戦を重ねて進化する最新鋭戦車の秘密 (サイエンス・アイ新書)
(2009/09/17)
毒島 刀也

商品詳細を見る
関連記事

タグ : M8 グレイハウンド 装甲車 装輪装甲車 アメリカ陸軍 Greyhound

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1736-c41fd7a3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ