AMX-13軽戦車 (AMX-13 Light tank)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/09/15(水)
*





AMX-13とはフランスで開発された軽戦車で、フランスを中心に世界各国で採用され使用された。

開発と特徴

AMX-13の開発は、第二次世界大戦終結直後の1946年から開始された。当時、フランスはインドシナやアルジェリアなど、世界各地に散らばる植民地の独立運動などの問題を抱えていたため、海外に速やかに展開出来るように輸送機で空輸可能な「空挺戦車」を求めていたので、車体は出来うる限り小型化する事が要求された。そのため、乗員席もギリギリまで切り詰められ、乗員の身長を172センチ以下に制限しているほどである。

AMX-13はこの要求を満たすために様々な新機軸を導入した。先ず、乗員数を減らして車内の容積を削減するために自動装填装置を採用した。これは、リボルバー式の弾薬庫を砲塔内に設置し装填を行うもので、砲と共に俯角をとらせるために、砲塔は上下に分割された揺動式砲塔が採用された。この揺動式砲塔にドイツのV号戦車に搭載された7.5 cm KwK 42をベースに開発された、高性能・高初速の61口径CN-75-50 75mmライフル砲を搭載し、車体後部に砲塔が設置された。エンジンは車体前部左側の操縦席横に位置している。AMX-13は1951年に制式採用され、翌年から生産配備された。

配備と運用

AMX-13フランス陸軍のみならず、小型の車体に強力な砲を備えた使い易い軽戦車であったため世界各国に輸出された。イスラエルでは第二次中東戦争前に75mm砲型を250輌購入(同時に購入された75mm戦車砲はM4A4シャーマン等に搭載され、M50スーパーシャーマンとなる。)、空挺旅団などに配備して実戦使用した。後に105mm砲を搭載したモデル58も使用したが、しかしそのHEAT弾がT-54/55に対しカタログどおりの性能を発揮せず不評であり、軽戦車としての限界もあり使用を停止してしまった。対するエジプト軍では、M4シャーマンの車体にAMX-13の砲塔を載せた改造戦車が作られた。

また、75mm砲の砲腔をボーリングして内径を拡大した90mm滑腔砲や105mmライフル砲を搭載した型や、75mm砲搭載型の砲塔にSS-11やHOT対戦車ミサイルを搭載した型などが生産された他、AMX-VCI歩兵戦闘車、Mk.F3 155mm自走榴弾砲、AMX-13DCA対空自走砲などのファミリー車も開発された。

AMX-13は、フランス軍では1970年代末からERC 90とAMX-10RCの2種類の装輪式戦闘偵察車に更新されて退役したが、現在でも一部の国で改良の上、使用されている。なおオーストリアのSK105キュラシェーア軽戦車は、AMX-13と同系列の砲塔を搭載している。

採用国

アルジェリア、アルゼンチン、ベルギー、カンボジア、チリ(155mm自走榴弾砲型のみ)、コートジボワール、ジブチ、ドミニカ共和国、エジプト、エクアドル、フランス、インド、インドネシア、イスラエル、クウェート、レバノン、モロッコ、ネパール、オランダ、ペルー、シンガポール、スイス、チュニジア、ベネズエラ

性能諸元

全長 6.36m
車体長 4.88m
全幅 2.51m
全高 2.30m
重量 15t
懸架方式 トーションバー
速度 60km/h(整地)
行動距離 400km
主砲 75mmライフル砲
    90mm滑腔砲
    105mmライフル砲
副武装 7.5mmまたは7.62mm×1(同軸)
    7.62mm機関銃×1(対空)
装甲 25mm
エンジン SOFAM 8Gxb、8気筒水冷ガソリンエンジン
    250hp / 3,200rpm
乗員 3名



近代フランスの歴史―国民国家形成の彼方に近代フランスの歴史―国民国家形成の彼方に
(2006/03)
谷川 稔渡辺 和行

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 軽戦車 AMX-13 AMX13 フランス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1675-5cd0dcbd
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ