【本堂武】開発実験を担う、「陸上自衛隊:部隊医学実験隊」

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/02(木)
*

陸上自衛隊開発実験団(りくじょうじえいたいかいはつじっけんだん、JGSDF Test and Evaluation Command:TECOM)とは、富士駐屯地に所在する研究本部の隷下部隊。

概要

研究本部長の指揮監督の下、陸上装備品等の開発実験及び実用試験、射表の作成並びに自衛隊の任務の特性及び野外環境から生起する傷病(NBC兵器による傷病を含む)の予防、応急治療等に関する調査研究を主な任務としている。実験団の前身は富士学校隷下の装備開発実験隊及び航空学校隷下の飛行開発実験隊である。

沿革

* 1958年(昭和33年)6月25日:機械化実験隊が編成完結
* 1970年(昭和45年)8月5日:装備開発実験隊に改編
* 2001年(平成13年)3月27日:装備開発実験隊を母体にを開発実験団本部、装備実験隊、飛行実験隊、部隊医学実験隊を新編。

部隊編成

特記ないものは富士駐屯地内に所在している。

* 団本部
    o 総務科(団の総務全般を担当)
    o 計画科(調査研究、実用試験、射表の作成及び技術試験、団本部の隊員の教育訓練を担当)
    o 評価科(陸上装備品等の研究改善、装備品の評価を担当)
* 〔装備実験隊〕
    o 第1実験科(車両・施設器材・化学器材・需品器材)
    o 第2実験科(火器・ロケット・弾薬)
    o 第3実験科(誘導武器)
    o 第4実験科(電子機器.通信器材)
    o 第5実験科(指揮統制装置・情報器材)
    o 第6実験科(射表作成)
    o 第7実験科(実用試験等)
* 〔飛行実験隊〕(明野駐屯地)
    o 隊本部
    o 計測解析班(航空機等に関する実用試験の計画と実施を担当)
    o 飛行班(航空機等の実際の操縦を担当)-(OH-1、AH-64D)
    o 整備班(航空機等の整備、補給を担当)
* 〔部隊医学実験隊〕(三宿駐屯地)

さらに詳しく → 陸上自衛隊開発実験団



日本の戦争と平和日本の戦争と平和
(2009/05/21)
石破 茂小川 和久

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 陸上自衛隊開発実験団 陸上自衛隊 部隊医学実験隊

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1665-3bbf360d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。