チャクリ・ナルエベト (911 Chakri Naruebet)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/09/07(火)
*



チャクリ・ナルエベト (911 Chakri Naruebet) はタイ王国海軍の航空母艦(軽空母)。タイ海軍初の航空母艦であり、STOVL空母である。公式艦種は外洋哨戒ヘリコプター母艦(Offshore Patrol Helicopter Carrier)。その名の意味は現タイ王室名のチャクリー王朝に由来し、英訳では the sovereign of the Chakri Dynasty となる。

概要

スペインのバサン造船所で建造されたスペインのプリンシペ・デ・アストゥリアスの縮小改良型であり、艦尾中心と艦橋直前に計2基のエレベーター、艦首部に傾斜角12度のスキージャンプ甲板を装備している。艦載機はスペインから購入した中古のAV-8Sマタドール6機及びS-70B7ヘリコプター6機である

任務

公式艦種の「外洋哨戒ヘリコプター母艦」の通り、本艦のそもそもの建造目的は「大規模災害における沿岸海域での捜索救難及びEEZ内の監視任務の中核艦の取得」であり、海洋作戦における戦術航空兵力の洋上拠点としての任務は二次的なものとされている。

現状

建造・就役はしたものの、アジア通貨危機に伴う不況により予算不足に陥り、不十分な装備のまま就役することとなった。財政難により活動は極めて不活発であるが、2004年のスマトラ沖地震において被災地の救援活動に参加するなど、災害時の救難活動に用いられている。

要目

艦種 航空母艦(軽空母)
艦級 チャクリ・ナルエベト(同型艦なし)
排水量 基準:10,000t
満載:11,485t
全長 182.6m
全幅 22.5m
吃水 6.2m
機関 CODOG方式 2軸推進
    ディーゼルエンジン(11,200hp) 2基
    ガスタービンエンジン(44,250hp) 2基
速力 26ノット
乗員 455名+航空要員146名
兵装 機銃 2基
    ミストラル短SAM用
    6連装発射機サドラル 3基
    Mk41VLS 8セル
    (シースパロー短SAM用) 未装備
搭載機 AV-8Sマタドール 6機
      S-70B7 6機

さらに詳しく → チャクリ・ナルエベト (911 Chakri Naruebet)



タイを知るための60章 エリア・スタディーズタイを知るための60章 エリア・スタディーズ
(2003/05/15)
綾部 恒雄林 行夫

商品詳細を見る
関連記事

タグ : チャクリ・ナルエベト STOVL タイ海軍 ヘリコプター母艦 タイ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1641-8b914c1d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ