「韓国民団の歴史」 - 在日本大韓民国民団製作ドキュメンタリー

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/08/14(土)
*











在日本大韓民国民団(ざいにほんだいかんみんこくみんだん、旧・在日本大韓民国居留民団)は、日本に定住する在日韓国人韓国系日本人のための人格なき社団。一般に略して「民団」(みんだん)(민단)と呼ばれることが多い。韓国政府が運営資金の6割から7割を負担しており、日本国内の300を超える拠点で活動を行っている。

会員は約50万人で、日本などに帰化して韓国籍を離れた者も会員になることができる。韓国の公的機関ではないが韓国籍パスポートの申請、韓国の戸籍処理などの依頼を代行している。 傘下に、金融機関(商銀信用組合を参照)や教育機関を多く保有している。

歴史

創設期

第二次世界大戦終戦直後の1945年に東京で設立された在日本朝鮮人連盟より、共産主義者からの脱却・自立を図り、1946年10月3日に在日本朝鮮居留民団(ざいにほんちょうせんきょりゅうみんだん)(재일본조선거류민단)として分離・発足した。設立の経緯から朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)系の在日本朝鮮人総連合会(総連・朝鮮総連)とは互いに反目する関係と言われているが、朝鮮総連と共同事業を行うこともあり、2006年5月には一時的に「歴史的和解」の共同声明を公に発表することもあった(ただし、共同声明は1ヶ月余りで白紙撤回された)。

民族主義者であった本国の李承晩大統領は、建国後も帰国せず日本に居留している在日韓国人を快く思わず、1948年10月の訪日の際も、歓迎のために日本全国から日比谷野外音楽堂に集まった朴烈団長を始めとする3000人の在日韓国人とは「暗殺の恐れがある」として会見しなかった。朝鮮戦争時には韓国側に644名の「義勇兵」を送っている。義勇兵は韓国で工作員としての訓練を受けて日本に密入国して新潟日赤センター爆破未遂事件を起こしている。その後、民団は在外国民登録や旅券発給などの業務を委託され、韓国の公認団体となったが、同時に韓国政府からの干渉も受けるようになった。

軍政時代

1961年の5・16軍事クーデターと同日に民団中央団長選挙が行われ、権逸が当選した。権逸団長は、「反権(反権逸)は反朴(反朴正煕)だ。そして反朴は反国家だ」として、軍事政権をいち早く支持した。また、日韓基本条約の締結にも賛成した(後に権逸は、朴大統領の顧問として韓国の国会議員となる)。

その後、在日社会でも、軍政に反対する気運が高まり、1971年の団長選挙では、民主派のユ・ソクチュンと本国が支持する李禧元の一騎打ちとなった。当初、ユ・ソクチュンが優勢であったが、韓国中央情報部(KCIA)出身の金在権駐日公使が介入し、李禧元が勝利を収めた。選挙後に粛清が行われ、ユ候補の支持者は民団から除名された。

1973年、除名された活動家は民主化勢力から成る韓民統(後の韓統連)を結成し、当時日本で活動していた金大中を議長に推戴することが予定されたが、結成1週間前の8月8日に金大中事件が発生した。粛軍クーデター後も、民団は軍政政権を支持した。

民主化時代

本国の民主化後、金大中大統領は、過去の経緯に拘らず、民団を在日韓国人社会の代表として受け入れたが、よりラジカルな盧武鉉大統領はそうではなかった。2003年6月の訪日時、盧武鉉は、筑紫哲也司会のTBSテレビの特別番組に出演し、「在日として日本の地域社会に貢献していきたい」と述べた在日の高校生に対し「現地の文化や体制に適応してその社会に寄与することは非常に重要なこと」と述べた。また、同年、民団と敵対してきた元韓民統の活動家に対して本国との自由な往来を許可した。

現在

現在は、北朝鮮の影響下にある朝鮮総連とは共存しており、朝鮮総連傘下の朝鮮学校教員であったものが民団の団長に選出されたこともあり、朝鮮戦争や在日朝鮮人の帰還事業時のように暴力をともなう抗争は行われていない。

2009年2月、在日外国人管理の精度を高めた外国人在留管理制度法案が審議されると、在日韓国人への配慮を欠くものとなっているとして、呂健二副団長をはじめとする代表団を公明党法務部会に派遣して、抗議を行った。

2009年8月30日投票の衆議院選挙を外国人参政権付与に向けての天王山と位置付けており、在日本大韓民国民団に約束している民主党候補者を始めて全力で支援した。これと同時にパチンコ産業の保護を民主党に陳情した。(詳細は後述)

2009年6月13日、民団の「在日本大韓民国青年会」は日の丸を人糞に模した旗や、日の丸にハーケンクロイツを描いた旗、反日上等などと記されたプラカード等を掲げ、京都を練り歩いた外国人排斥を許さない6・13緊急行動に、正式に賛同した。これに参加した青年会員もいる。(尚、同デモは同日・同場所で行われた「在日特権を許さない市民の会」による「外国人参政権断固反対デモ」に対する抗議の意があった。)

本部や各支部ではハングル講座を開講しているが、日本における韓流ブームの結果、受講希望者が増えたこともある。なお、この講座は在日韓国・朝鮮人でなくても受講できる。近年では、日本国内での政治工作、参政権付与を狙った活動が活発化している。 これに危機感を抱いた日本国民が大々的な反対運動を展開して、在日との火種になっている。事実、市川市は、韓国民団の政治工作によって地方参政権付与反対から賛成に鞍替えした。

主な活動

地方外国人参政権獲得運動、ニューカマー韓国人の永住資格獲得の支援、外国人登録令/法への反対運動、日本人との法的・経済的格差の撤廃運動、韓国側の歴史認識に基づいた日韓歴史・文化交流、対日・対外世論工作等を主な活動としている。

外国人参政権獲得運動

* 1996年、在日韓国人青年を対象にした署名運動を展開し、一万二千人の署名を集める。
* 1998年3月、婦人会・学生会と合同で1200人規模の示威行進を東京新宿で実施。
* 1999年3月、地方参政権の立法化を求める全国リレーキャンペーンを開催。
* 2004年の第20回参議院議員通常選挙では、民団会員が民主党支持を呼びかけており、民主党から比例区出馬した白真勲は当選直後に民団へ行き「参政権運動にともに邁進しよう」と挨拶をしている。
* 2007年の第21回参議院議員通常選挙では、在日2世(2005年帰化済)の民団葛飾支部国際課長である金政玉が「外国人地方参政権の付与」を主張し民主党から出馬したが同党比例名簿中最下位の35位で落選している。
* 2007年11月17日、栃木韓国商工会議所(金一雄会長)主催の講演会で、民主党の簗瀬進参議院議員が「地方参政権は在日外国人の人権確立はもちろん、日本が国際社会で信頼される国づくりのためにも必要。次の通常国会で議員立法として参政権法案を提出するよう全力を尽くし、大きな流れをつくりたい」と決意を表明。
* 2007年11月22日、中央権益擁護委員会(朴昭勝委員長)の参政権小委員会(柳時悦委員長)は「永住外国人に地方参政権を! 11・7全国決起大会」を「大成功」と総括するとともに、これを踏み台に早期獲得へ間髪を入れず、全国で地方単位のシンポジウムの開催や各政党代表・国会議員への要望活動の強化・徹底などを確認した。
* 2007年12月21日、民主党の白眞勲、ツルネン・マルテイを招いて、地方参政権権付与の現状と展望について対談。「韓国の新大統領が訪日したとき、日本政府としても動かざるを得ない状況にもっていくこと」などを提案する。
* 2008年、民団の代表らが韓国の李明博大統領当選の祝いで訪韓した際に、「小沢一郎民主党代表との会談の際に在日韓国人への地方参政権付与について働きかけて欲しい」と依頼した。
* 2008年9月に福田内閣が総辞職すると、民団の地方参政権獲得専門委員会(柳時悦委員長)で、2009年の第45回衆議院議員総選挙に出馬する立候補者ごとの、地方外国人参政権政策に対する動向を見極めて、活動することを確認した。
* 2009年の第45回衆議院議員総選挙にむけて、外国人参政権の獲得を目的に民主党を中心に支援しており、小沢一郎民主党代表もそれに謝意を表明している。これに関して小沢の側近は日本国籍を取得した人を含めた有権者への呼びかけなど、「かつてない規模の支援が見込まれる」と述べた。

2009年10月27日、民団大阪は「民主党大阪府連 衆・参国会議員との祝賀懇親会」を開催。川上義博、白眞勲、中野寛成、尾立源幸らの民主党国会議員15人が参列し、外国人参政権への豊富を語った

* 2010年1月10日、民団大阪府本部・大阪韓国商工会議所共催の新年会で、金漢翊団長が「今年の目的は、在日の地方参政権獲得はもちろん、日本が多民族・多文化共生社会となることを目指す」と宣言した。また、「永住外国人の地方参政権付与には積極的に賛同する」と明言した民主党・公明党・共産党の議員に大きな拍手を送った。

慰安婦謝罪決議採択運動

* 2007年8月29日、アメリカ合衆国で「日本政府は慰安婦強制連行を認め謝罪すべき」としたアメリカ合衆国下院121号決議が韓国人のロビー活動の成果で採択されたことを紹介し、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ、アジアで旧日本軍慰安婦謝罪決議が同じように可決されるための運動を呼び掛ける論文を掲載した。その結果、運動は成功し世界各国で日本国政府を非難する決議が採択された。

* 「慰安婦」は「従軍慰安婦」としなければならないとした抗議活動を行政機関に対して行っている。また慰安婦とされる「ハルモニ」を首相官邸に招いて内閣総理大臣が直接謝罪を行うことを求めている。

「新しい歴史教科書」採択反対運動

日本の教育にも干渉しており、日本国の中等学校の歴史教科書に近隣諸国条項に反するものを採択してはならないとなどとして行政機関への抗議活動を行っている。

新しい歴史教科書をつくる会の教科書の採択については「韓日関係の熱気を凍らせるもの」などとして反対しており、杉並区での採択が報じられると、当時の杉並区長・山田宏に対し全国の民団支部が抗議の手紙やファクスを大量に送付した。杉並区議会での採択の際には、全国各地から集結した民団員が区議会の傍聴席から、「そんな教科書を許していいのか」「恥を知れ」「引っ込め」などの罵声を浴びせ、区長室前にも多数で押し掛け「区長を出せ」などのシュプレヒコールを行った。この件に関して山田は「常軌を逸した抗議活動。こんな事態は経験したことがない」と述べている。

パチンコ産業促進運動

* 民団傘下の在日韓国商工会議所所属の1万社のうち約70%がパチンコ産業に係わっている会社であるとされており、北朝鮮問題で、日本の政府と公安当局が総連の経済活動を遮断するという理由で、民団所属の在日韓国人が経営するパチンコ店への取り締まりを強化したことから、在日韓国人パチンコ店経営者らの危機感が募り、朝鮮総連との和解を撤回している。

* 2008年、民団の代表らが韓国の李明博大統領当選の祝いで訪韓した際に、小沢一郎民主党代表との会談の際に「地方参政権を韓国人にも付与してほしいとお願い」する依頼と、「パチンコ産業への規制による経営の苦しさ」を訴えた。これを受け李明博は小沢に同問題について関心を持ってほしいと申し入れ、小沢は地方参政権については施行に向けて努力していること、パチンコについては帰国後に民団から聞くと応じ、後日、民団と在日韓国商工会議所が合同で設立した「レジャー産業健全化推進協会」の協会幹部らが「遊技業業界の規制緩和を訴える陳情書」を小沢へ提出した。

その他

* 韓国人の多くが韓国領であると主張する対馬にて、在日本大韓民国民団対馬島地方本部事務局長の配偶者が海上自衛隊支援組織会長として20年間に渡って、陸上自衛隊や海上自衛隊基地に出入りしながら自衛隊の演習や人員配置などの情報収集を行った。その後、海上自衛隊対馬防備隊本部への出入りが禁止されるにいたっている。

主張

* 韓国民潭の綱領には「大韓民国の国是を遵守する在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します 」と明記されており、民潭加入者は韓国国防の義務を負うことが明定されている。(日本国憲法・日本の法令を遵守するか否かについての明記はなし)。

日韓問題

* 竹島領有権問題については、ホームページなどで一貫して「独島」と呼称し、竹島は韓国領土であるという韓国本国の主張に同調している。

* 日本海呼称問題については、 鳥取県琴浦町の『韓国人救出記念碑』への「東海」併記を求めるなど、「日本海」単独表記には強く反対をしており、韓国本国の主張に同調している。

北朝鮮問題

* 北朝鮮問題については、2006年5月17日、朝鮮総連中央本部で当時の民団団長である河丙と朝鮮総連議長であった徐萬述が初の会談を行い、双方の和解を目的とした共同声明に署名した。この「歴史的和解」に対して各地の民団の地方団体は、北朝鮮の人権問題が未解決であることを理由に民団中央本部へ抗議した。また、日本の公安当局が総連の経済活動を遮断するという理由で、民団所属の在日韓国人が経営するパチンコ店への取り締まりを強化、在日韓国人経営者らの危機感も募った。後に北朝鮮がミサイル発射実験を実行した為、民団は総連との和解を発表から1ヶ月余りで白紙撤回し、共同声明に署名した民団団長は辞任した。後任の鄭進新団長は、「朝鮮総連との和解は誤り」と語り、脱北者支援や日本人拉致問題解決への取り組みに意欲を見せた。
* 2009年4月に発射が予告されていた北朝鮮の飛翔体発射について、朝鮮総連に対して自制を求める要請書を送付、5日の発射後には「民族の名誉をおとしめる蛮行」とする抗議声明を発表した。

さらに詳しく → 在日本大韓民国民団
外部リンク → MINDAN 在日本大韓民國民團中央本部公式



外国人参政権は、要らない(晋遊舎ムック マンガ嫌韓流セレクション 1)外国人参政権は、要らない(晋遊舎ムック マンガ嫌韓流セレクション 1)
(2010/04/23)
山野 車輪

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 韓国民団 在日本大韓民国民団 民団 韓国 在日韓国人

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1610-a502bcd4
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。