【鍛冶俊樹】防衛白書の歩みと「竹島記述」による先送り問題

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/08/01(日)
*

防衛白書(ぼうえいはくしょ)とは、日本の防衛省が毎年刊行している白書である。防衛政策の基本について日本国民の理解を求めるために作成されている。

概要

防衛省の防衛政策や、近隣諸国への認識を理解できる一次資料である。昭和45年10月に第1回が発行され、昭和51年の第2回以降毎年発行されている。日本の防衛の根幹となる日米関係、近隣諸国(主に韓国、北朝鮮、中国、ロシア)などの軍事動向、イラクへの派遣など自衛隊の国内外の活動や隊員の声を記載したコラム、防衛政策の提言などを主に行っている。

特に近年では北朝鮮の動向を注視しており、テポドン(弾道ミサイル)の発射などを強く非難している。また、中国に対しても軍事費などに関しての透明度を求めている。なお、昭和45年版と、昭和51年から現在まで刊行されている白書は防衛省のサイトでも公開されているので、誰でも読むことが可能となっている。ただし、著作権上の理由から通信社・新聞社提供の写真は書籍のみの掲載となっているので注意が必要である。

さらに詳しく → 防衛白書



教科書 日本の防衛政策教科書 日本の防衛政策
(2008/04)
田村 重信佐藤 正久

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 防衛白書 竹島 韓国併合 三島由紀夫 北方領土 領土問題 防衛 楯の会

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1565-54090ec6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ