イシャポール 2A1 (Ishapore 2A1、Rifle 7.62mm 2A)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/07/26(月)
*



Ishapore 2A1は、長年イギリス陸軍の制式小銃であったリー・エンフィールド(Lee-Enfield)シリーズのひとつ。中印国境紛争直後の1962年にインドにあるイシャポール造兵廠(Ishapore Rifle Factory in India)で、SMLE Mk III*を元に7.62mm NATO弾を使えるように設計し直された新しいタイプのリー・エンフィールド小銃である。

外見はオリジナルSMLE Mk III*そっくりだが、オリジナルより四角い12発入りの弾倉を備えている点が異なっている。1965年からは照門の設定できる距離を2000mから800mにした上に、2Aでは12発入りだった弾倉をオリジナルと同じ10発入りに戻したRifle 7.62mm 2A1が生産されている。照門・弾倉の違い以外に2Aと2A1の違いは無い。

Ishapore 2A1

種類 軍用ライフル
製造国 インド
設計・製造 イシャポール造兵廠

仕様

種別 ボルトアクション方式
口径 7.62mm
銃身長 25.2インチ(640mm)
使用弾薬 7.62mm NATO弾(7.62mm x 51)
装弾数 10発(2Aは12発)
全長 44.5インチ(1130mm)
重量 4700g(弾薬除く)
発射速度 20~30発/分
銃口初速 793m/s

歴史

設計年 1963年
製造期間 1963年~75年
配備期間 1963年~現在
関連戦争・紛争 印パ戦争、中印国境紛争
バリエーション 2A
製造数 50万丁以上



大英帝国衰亡史大英帝国衰亡史
(1997/01)
中西 輝政

商品詳細を見る
関連記事

タグ : Ishapore イシャポール リー・エンフィールド Lee-Enfield Ishapore2A1

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1544-4f7ffd32
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ