AT105 サクソン (AT105 Saxon)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/07/09(金)
*



AT105 サクソン (AT105 Saxon) 装甲兵員輸送車は、イギリス製の装甲兵員輸送車である。サクソンは、GKNサンキー社がAT 100 IS計画とAT104計画を基に設計した装甲兵員輸送車であり、Future Rapid Effect System計画によって選定されたピラーニャVに更新されて退役する予定である。

設計

サクソンは、費用対効果の高い「戦場タクシー」のコンセプトで設計開発され、軽装甲装輪装甲車は路上での速度で装軌式車両に勝り、さらに多くの部品を民生用トラックから流用することが可能だったため、整備維持費用の削減にも貢献した。

サクソンの装甲は小火器の弾丸や榴弾の破片には耐えられるが、対装甲車両・対戦車兵器には耐えられない。車体の底面は対戦車地雷対策としてV字型の形状となっており、地雷が爆発しても爆風と爆圧を車体外部へ逃がすように設計されている。武装は対空自衛用の機関銃1挺のみである。エンジンは操縦席の横に配置されている。原型はイギリス式の右ハンドル車で、車体前方左側にエンジンが配置されていたが、輸出用の左ハンドル型では操縦席とエンジンの配置が逆になっている。

運用

最初にサクソンが配備されたのは、西ドイツに駐屯するイギリス陸軍ライン軍団所属のイギリス陸軍第3歩兵師団 (3rd Infantry Division) であり、1983年に同師団所属の4個機械化歩兵大隊に配備された。

多数のサクソンIS(サクソン・パトロール)は北アイルランド紛争において、サーチライトやワイヤーカッターなどを装備して、旧式のFV603 サラセンと共に警備任務に従事した。暴動発生時には車体左右に装備された金網を左右に展開して暴徒の進行を阻止すると共にイギリス軍鎮圧部隊の盾として活躍したほか、車体容積の広さを活かして救急車として運用された。旧ユーゴスラビアにおいては、地雷処理車両として広く活躍した。

派生型

* AT105A - 戦場救急車
* AT105E - 機関銃を1挺ないし2挺装備した砲塔を搭載した型
* AT105MR - 81mm迫撃砲運搬車
* AT105C - 指揮統制車

このほかにも、ミラン対戦車ミサイルを搭載した戦車駆逐車仕様などの派生型が存在する。

基礎データ

全長 5.17 m
全幅 2.49 m
全高 2.63 m
重量 10.6 t
乗員数 2名+兵員10名

装甲・武装

装甲 8-9 mm
主武装 7.62 mm機関銃L7 GPMGx1挺
副武装 無し

機動力

速度 96 km/h
エンジン Btford 500 6気筒ディーゼルエンジン
      164 hp
懸架・駆動 4x4
行動距離 510 km
出力重量比 35.1 hp/t

さらに詳しく → AT105 サクソン



新・世界の装輪装甲車カタログ (ARIA‘DNE MILITARY)新・世界の装輪装甲車カタログ (ARIA‘DNE MILITARY)
(2002/04)
日本兵器研究会

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 装輪装甲車 AT105 サクソン saxon 装甲兵員輸送車 GKN イギリス

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1500-7fba7109
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ