ミストラル級強襲揚陸艦 L 9013 ミストラル - (Mistral class amphibious assault ship L 9013 Mistral)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/06/19(土)
*





ミストラル(フランス語:Mistral, L 9013)は、フランス海軍ミストラル級強襲揚陸艦1番艦。艦名はミストラルに由来する。

艦歴

ミストラル」は、DCNS主導で建造され2003年7月10日に艦尾部分がブレスト工廠で起工、2003年10月13日にアルストム=アトランティーク造船所で艦首部分が起工され、その後艦体はブレスト工廠で組み立てられ 2004年10月6日に進水、2005年12月に海軍に引き渡され、翌2006年1月から試験を開始し、2006年2月正式に就役しトゥーロン軍港に配備される。

2006年3月27日から3 月30日にかけてオレロン島にて「F790 リュートナン・ド・ヴェソ・ラヴァレ」および陸軍の第6工兵連隊と第519輜重連隊が参加する水陸両用戦訓練であるスケレオ演習(Skreo)に参加。3 月31日に初の遠洋航海を開始する。4月 8日から4月12日までギリシャ・スーダ(en:Souda)に寄港してからスエズ運河を通過し、4 月19日から4月22日までジブチに、5月 2日から5月5日までインド・コーチに、5 月11日から5月16日までジブチに、5 月23日から5月28日までトルコ・アカザズ(Akzaz)に立ち寄った後にフランスに帰還する。同年7月にレバノン侵攻が発生し、自国民避難のために「D615 ジャン・バール」、「D643 ジャン・ド・ヴィエンヌ」、「L9012 シロッコ」と共にレバノンに派遣される(fr:Opération Baliste)。同年9 月29日から10月13日まで地中海においてNATO主催のバリアント・ミダス2006(Brillant Midas)に参加し水陸両用作戦を実施する。

2007 年2月5日から2 月16日にかけてEXENAU演習(EXENAU)に、同年5月 9日から5月11日まではアメリカ合衆国・リトルクリーク海軍水陸両用基地(en:Naval Amphibious Base Little Creek)に寄港し、第2艦隊と共にバージニアビーチで上陸戦訓練を実施する。同年5 月19日から5月25日までスケレオ2007演習に参加しリュイ半島(fr:Presqu'île de Rhuys)で国民避難の訓練を実施した。

2008 年2月5日から2月 7日にかけてトゥーロンにおいてプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏を架空の国家に見立てて 400名のフランス国民を保護を目的としたエキュメ・エテルネル演習(Écume éternelle)を実施。

2009 年2月12日から6 月27日までガヴィアル08任務(Gavial 08)に従事する。トゥーロンを出港後、2 月19日から2月24日までヨルダン・アカバに、2 月28日から3月2日までサウジアラビア・ジッダに、3月 7日から3月12日までジブチに、3 月25日から3月28日までシンガポールに、4月 9日から4月13日まで日本・横須賀に寄港する。この期間中はフランソワ・フィヨン首相が訪日していた。

4月16日から4 月21日まで中華人民共和国・上海に、4 月30日から5月3日までマレーシア・クランに、5月 8日から5月15日までインド・チェンナイに寄港した。この後、サイクロン・ナルギスにより被害を受けたミャンマーに対する人道援助のため15日に活動を開始し5月18日に近海にたどり着くも、同月21日にミャンマー当局に拒否されたため救援は中止される。5 月25日、タイ王国・プーケットに寄港しフランス外務省により救援任務を解かれる。世界食糧計画による救援物資は国際連合およびNGOにより配給される事となる。5月15日から5月17日まで予定されていたヴァルナ08演習(Varuna 08)の中止、5月18日から23日のチェンナイ、6月 5日のアブダビ、6 月12日から15日のジブチへの寄港は中止され、替わりに5 月29日から6月2日までマレーシア・ランカウイ島に、6 月15日から6月17日にジブチに寄港して帰国する。

2008年9月21日から10 月3日にかけてNATO主催のロイヤル・ミダス2009演習(Loyal Midas 2009)に参加、軽空母「551 ジュゼッペ・ガリバルディ」を含む31隻の水上艦艇、潜水艦3隻、兵員4,000名、8ヵ国が参加していた。

主要諸元

艦種 強襲揚陸艦
艦級 ミストラル
排水量 基準 16,500t 満載 21,300t
全長 199.0m
全幅 32.0m
吃水 6.2m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式、2軸推進およびポンプジェット推進 バルチラ16 V 32 ディーゼルエンジン × 4基(4,850kW) バルチラ 18V200ポッド式推進器 × 2基(14,000kW) 艦首スラスター × 1基(1,500kW)
速力 最大速 19kt
航続距離 巡航15ktで19,800海里
乗員 160名
搭載量 上陸用舟艇 × 2隻 1個大隊 車両 × 60台 1,600t以内の積載
兵装 SIMBADシステム × 2基 ブレダ=モーゼル 30mm機関砲 × 2基 M2機関銃 × 4挺
艦載機 ヘリコプター × 16機(最大数)
飛行甲板 5,200㎡
C4I RITA 2G海洋簡易周波数帯変換器+FLTSATCOM衛星通信 SIC-21 作戦指揮システム(シラキューズ3-A/B衛星通信) NTDS(リンク 11/リンク 16) SENIT-9 戦術情報処理装置 SIC 21戦闘管制システム × 1基
レーダー DRBN-38航海 × 1基 MRR-3 NG 3次元 × 1基
電子戦・対抗手段 ARBR-21レーダー妨害装置 × 1基 SLAT 対魚雷システム

さらに詳しく → ミストラル (強襲揚陸艦)



図解 軍艦 (F-Files No.024) (F-Files No. 24)図解 軍艦 (F-Files No.024) (F-Files No. 24)
(2009/10/30)
高平 鳴海坂本 雅之

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 強襲揚陸艦 ミストラル ミストラル級強襲揚陸艦 Mistral フランス海軍 L9013

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1460-54ce97c3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ