中国人強制連行 - 体験者の証言より

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/16(木)
*





華人労務者(かじんろうむしゃ)とは日中戦争時に労働力不足であった日本において、中国大陸から日本の企業に雇用され、労働力を提供した中国人労働者のことである。華人労務者の中には半強制的に日本へ移送されることになった人たちも存在した。

概要

1942 年(昭和17)、戦中で人材不足していた日本産業界の要請で「華人労務者内地移入二関スル件」が閣議決定された。1946年に外務省が東亜研究所に委託して、戦時中の華人労務者等に関する現地調査を行った「外務省報告書」によると、華人労務者は「自由募集」とともに、「行政供出」「特別供出」「訓練生供出」により集められ、このうち「行政供出」については半強制的な面もあったことが記されている。

企業35社(135事業所)が厚生省に必要な華人労働者数を申請し、運輸省と軍需省が協議をして各事業所へ割り当てて人数を確定し、大東亜省が現地の在中日本大使館、労務統制機関などと連絡取り、汪兆銘政権(南京国民政府)は日本の要請から華北労工協会・日華労工協会・華北運輸公司・福日華工会社などの中国側の労務統制機関を通じて労務者を集め、労務統制機関の職員の他に武装した軍隊も協力して北京、保定、塘沽、大連、石門、済南、青島、徐州、呉淞、邯鄲にあった「訓練所」と称する集結地に集めてから日本へ移送したとされる。

報告書によれば、訓練所では病人が続出し死者も出るとともに逃亡を防ぐために厳しい警備が敷かれており、さらに日本への船中で564人が死亡したとされる。外務省報告書の移入集団別素質によると、集められた華人労務者の75%が農民で12歳の少年から78歳の老人まで及び、日本全国の135事業所に38,935人(15歳~60歳位)が送られ、6,830人が死亡していることが記されている。

労務状況

三井鉱山砂川事業所の炭鉱の例では昭和20に命令に従わない中国人を係員が日本刀で脅したり、制裁を加えたこともあったとされる。現場の管理は華労指導員(中国人)がおこなっており、日本人が直接「制裁」をした例は希であった。栃木県足尾の古河鉱業の例では過酷な労働、粗末な食料、風呂無し生活を強いられ、衰弱到着3月で60%が死亡した。

損害賠償請求裁判

2007年、「強制連行」されたと主張する元華人労務者らが、使用者であった西松建設を相手に起こした損害賠償請求裁判では、「仕事を世話してやるなどとだまされたり、突然強制的にトラックに乗せられたりして収容所に連行された」「農作業中に日本軍の襲撃を受け連行された」などと原告は主張した。

判決では被告の西松建設の帰責性を高める事情(斉南から300人連行されてきたことに加え、青島から日本に連行するときに360名となっている事実関係)を付加するとともに、本件の強制性について「日本政府の国策と企業の利潤追求という両者の利害が一致し、両者が協力してその制度及び実施を作り上げた結果発生したものである」として原告の損害賠償請求権を認めたものの、日中共同声明5項により請求権放棄の対象となるとして原告の請求は棄却された。

西松建設は強制性はなかったと判決後にも反論をしている。最高裁は「関係者の被害救済に向けた努力が期待される」とも述べ、訴訟外での手続きによる救済を求めた。

その後、西松建設と原告側との間では即決和解手続きにより、2009年10月23日に東京簡易裁判所で和解が成立した。和解内容として、西松建設側は強制的に連行した事実を認めて謝罪し、2億5千万円を寄託して被害補償や消息不明者の調査、記念碑建立などを目的とする基金を設立するとしている。

さらに詳しく → 華人労務者  強制労働



中国人強制連行 (岩波新書)中国人強制連行 (岩波新書)
(2002/05)
杉原 達

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 強制労働 強制連行 華人労務者 日中戦争 太平洋戦争 大東亜戦争

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1448-31600c63
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。