キャデラックゲージ コマンドウ (Cadillac Gage Commando)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/06/07(月)
*





コマンドウ(Commando)とは、アメリカ合衆国のキャデラック・ゲージ社が設計した、4輪式の水陸両用軽装甲車である。コマンドウ装甲車は、装甲兵員輸送車や戦場救急車、戦車駆逐車、自走迫撃砲などのさまざまな用途に使用できる。

開発と概要

コマンドウ装甲車の初期型であるV-100装甲車は、1960年代初頭にキャデラック・ゲージ社のTerra-Space部門で設計が開始された。 1963年に試作車が完成し、翌1964年にはM706として制式採用され量産が開始された。この車両は4輪式であり、M34トラックと同じ車軸を使用している。水上浮航能力も有しているが車体後部にスクリューやウォータージェットは装備しておらず、車輪の回転によって推進力を得ている。

エンジンはM113装甲兵員輸送車の初期型にも搭載されたクライスラー社製のV8ガソリンエンジンであり、5速式の手動変速機を通して車輪に動力を伝達する。この組み合わせによって、V-100は整地上で時速100km、水上で時速4.8kmを出すことができた。変速機に関しては、比較的早期に自動変速機に切り換えられた。

コマンドウ装甲車の車体は、前部に運転席と助手席があり、小さな防弾ガラス越しに前方視界を確保するが、上部ハッチを開けてそこから頭を出すこともできる。車体中央部には兵員区画があり、ここに兵員や各種の兵装を搭載する。左右にはドアが設けられており、上半分を後方に開き、下半分を下方に開いてステップ代わりに乗降する。車体後部の左側にはエンジンと変速機が収められており後方に突出して上部に向いた排気管があるほか、後部右側にも兵員乗降用のドアがある。

装甲板はCadaloyと呼ばれる積層構造の装甲板であり、軽量化を念頭に置いて設計されたためあまり装甲は厚く無いが、砲弾の破片や7.62mm NATO弾までの小火器の直撃には耐えることができる。

兵装

コマンドウ装甲車には、さまざまな兵装を搭載することが可能である。

一人乗り砲塔に連装で搭載

* 7.62mm機関銃(M60機関銃、M240機関銃など)x2挺(即用弾800発、車内搭載弾3,000発)
* 12.7mm機関銃x2挺(即用弾400発、車内搭載弾1,000発)
* 12.7mm重機関銃x1挺、40mmグレネードマシンガンx1挺

二人乗り砲塔に搭載

* エリコン20mm機関砲x1門(即用弾200発、車内搭載弾200発)
* 25mm機関砲x1門(即用弾200発、車内搭載弾200発)
* 20mmバルカン砲x1門(1,300発)
* 30mm機関砲x1門
* 76mm砲x1門(即用弾8発、車内搭載弾31発)
* Cockerill製90mm低圧砲x1門(即用弾8発、車内搭載弾31発)

車体に直接搭載

* 81mm迫撃砲x1門(砲弾62発搭載)
* TOW対戦車ミサイル発射器x1(ミサイル7発搭載)

装甲兵員輸送車として使用する場合は、車体上に供えられたピントルマウントに1挺の7.62mm機関銃か12.7mm重機関銃、40mmグレネードマシンガンを装着して使用するほか、車体の左右2か所ずつに設置されたガンポートからの射撃も可能である。この他にも、国内治安任務用に放水銃や催涙ガス弾発射用グレネードランチャーを装備した砲塔もある。

派生形

V-150

V-200の後に開発された型で、V-200を基にしているが、V-100の面影も色濃く残している。最大のユーザーはサウジアラビア国家警備隊である。搭載エンジンはガソリンエンジンとディーゼルエンジンのどちらかを選択することができる。V-150Sと呼ばれる派生形があるほか、ポルトガルではV-150を基にしたChaimiteと呼ばれる車両が生産されている。

V-200

V-100を大型化した型で、アメリカ陸軍の5tトラックから多くの部品を流用している。シンガポール軍からの発注に基づいて生産され、シンガポールでのみ採用された。シンガポールでは陸軍と空軍がV-200を採用しており、シンガポール空軍のV- 200はRBS 70地対空ミサイルと1門のエリコンFF 20 mm 機関砲、1挺のFN MAGで武装している。近い将来、V-200はテレックス装甲兵員輸送車(Terrex)に更新される予定である。

LAV-300

V-150を基に開発された6輪式装甲車で、エンジン配置が車体の後部左側から前部右側に移転されるなどの改良がおこなわれている。車輪は前の1 軸2輪のみで操向し、後ろ寄りにまとめられた2軸4輪は操向しない。兵装は基本的にV-100 / V-150のものを流用可能であるが、車体容積の拡大と車輪数増加に伴う安定性向上により指揮通信車への改造や120mm迫撃砲の搭載などより幅広い用途に使用可能となった。ただし防御力についてはV-100 / V-150とほぼ同水準である。

元々はアメリカ海兵隊及び陸軍の緊急展開部隊向けに配備される装輪式軽装甲車輌(Light Armored Vehicle、通称LAV)の候補として開発されたが、スイス製ピラーニャ装甲車(LAV-25)に敗れて以降、アメリカ国内の警察機関やフィリピン海兵隊、クウェート、パナマ、ベネズエラ陸軍が採用している。

LAV-600

LAV-300の改良型で、砲塔に105mm砲を装備することが可能。

実戦運用

アメリカ軍のV-100およびV-150装甲車は、ベトナム戦争においては海兵隊や陸軍の前線部隊に配備されることは無く、空軍の基地警備部隊や陸軍の憲兵隊などの後方部隊が使用していたが、その後ほとんどが装甲化ハンヴィーに更新されて退役した。しかし21世紀に入ってからのアフガニスタンとイラクにおける対テロ戦争において、RPG-7などの対戦車火器や、砲弾・航空爆弾を利用したIEDによる米軍の前線基地や補給部隊、パトロール部隊の攻撃に対して装甲ハンヴィーの防御力は無力であったため、V-150をベースに装甲強化などの再設計を行ったM1117 ASV(Armored Security Vehicle)が新たに開発され、パトロールや輸送車列の護衛などに投入されている。この他にも南ベトナム軍を始めとして西側諸国に多数が売却・供与されており、現在でも中南米やアジア、中東など多くの国において現役で使用されている。

現在でもフィリピンなどにおいてはゲリラ掃討作戦に従事するなどの活躍をしているが、ピラーニャの登場をきっかけとした大型8輪式装甲車の普及もあってか、比較的余裕のある一部の国では、第一線部隊から憲兵隊や準軍事組織などの後方ないし二線級の部隊に格下げされることも多い。

LAV-300 基礎データ

全長 6.40m
全幅 2.54m
全高 2.7m(砲塔上端)
    1.98m(車体上端)
重量 14.696t
乗員数 3名+兵員9名(装甲兵員輸送車仕様)
主武装 兵装を参照。
整地速度 105km/h
不整地速度 3km/h(水上走行)
エンジン カミンズ 6 CTA 8.3
      ターボチャージャー付きディーゼル
      260 hp
懸架・駆動 6x6
行動距離 925km

さらに詳しく → コマンドウ (装甲車)



図説 世界戦車大全図説 世界戦車大全
(2010/03/26)
マーティン・J・ドアティ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : キャデラックゲージ コマンドウ 水陸両用軽装甲車 軽装甲車 LAV

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1431-2e9ad60d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ