グラーフ・ツェッペリン (German aircraft carrier Graf Zeppelin)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/06/05(土)
*



グラーフ・ツェッペリン(ドイツ語:Graf Zeppelinグラーフ・ツェペリーン)は、ドイツ海軍が建造していた航空母艦である。艦名は、飛行船で有名なフェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵に由来する。

概要

建造

この空母はドイツが再軍備を進めるにあたり戦艦、Uボートと同時期に建造がスタートした。しかしながら、ドイツに空母の建造経験はなかったため計画案作成に時間がかかり、ドイッチェ・ヴェルケ社での起工は1936年になってしまった。設計に際しては、同盟国日本の技術供与を受け空母赤城の図面が参考にされている。1938年に進水したが、第二次世界大戦に入ると、ドイツ海軍は通商破壊作戦を優先するため潜水艦建造に集中する事となり、1940年に本艦の艤装工事は中断された。

工事は1942 年に再開されたが、バルジ装着などに手間取り、1943年に大型艦製造中止命令が出たため、工事は完全に中止となった。搭載されていた15cm砲塔は、地上砲台としてノルウェーの沿岸防衛に転用された。9割ほど完成していた本艦は、バルト海沿岸のシュテティンに避難していたが、ソ連軍に接収されるのを恐れ、1945年4 月25日に自沈した。

戦後

戦後、ドイツ海軍の解体の同意を得て、グラーフ・ツェッペリンは破壊された艦の含まれる「Cグループ」の1艦としてソ連海軍に割り当てられた。グラーフ・ツェッペリンはドイツの造船所で修理され、1947 年2月3日には洋上基地(Плавучая база) に艦種変えされ、艦名もPB-101(ПБ-101) に改められた。

PB-101は、軍事造船科学調査研究所の管理下に置かれた。8 月14日には、艦は浮揚されスヴィネミュンデまで曳航された。8 月16日深夜、PB-101は試験のため洋上実験場まで曳航された。そこで、艦は甲板に爆撃と砲撃を受けた。8 月17日には、PB-101は駆逐艦隊と魚雷艇隊の演習で標的となった。最終的に、PB-101は魚雷艇TK-420と駆逐艦スラーヴヌイの雷撃により撃沈された。

略歴

* 1935 年1月 第二次ロンドン軍縮会議予備交渉に滞欧中の山本五十六はベルリンに海軍統帥部長官のエーリヒ・レーダーを訪問。
* 1935 年1月末 駐日ドイツ大使館付海軍武官パウル・ヴェネッカー(Paul Wennecker)中佐が『赤城』を見学(同中佐は1933年10月1日~1937年7月30日までと、1940年3月1日~1945年 5月7日まで二回に渉り駐日ドイツ大使館付海軍武官に在職した)。
* 1935 年9月から12月にかけドイツ調査団が来日。この際に「独国航空官及海軍士官ノ赤城見学ノ際見学許可並二説明標準」が準備され、情報提供の範囲が定められた。
* 1936 年12月28日 キールのドイッチェ・ヴェルケ造船所(de)にて起工。
* 1938 年12月8日 進水式。駐独日本大使館付海軍武官小島秀雄招待さる。
* 1940 年6月 建造の優先度が潜水艦増産のため低下し、建造中断。
* 1942 年5月 工事が再開される。
* 1943 年1月 大型艦建造の中止命令により工事中止。シュテティンへ避難。
* 1945 年4月25日 ソ連軍に接収されることをおそれ自沈する。
* 1947 年2月3日 戦後のドイツ軍解体に際し、ソ連軍に割り当てられる。
* 1947年8月17日 演習で浮揚標的として用いられ、沈没する。
* 2006 年7月12日 ポーランドの石油資源探索会社によって、バルト海に沈んでいたところを発見される。

同型艦

* ペーター・シュトラッサー(Peter Strasser) (未成艦)

性能諸元

排水量 33 550 t
全長 262.5 m
全幅 31.5 m
吃水 7.6 m
機関出力 200,000hp
最大速力 35 kt
航続距離 19ノット/8,000海里
乗員 1,720 名、(パイロット:306名)
兵装 15cm(55口径)連装砲8基、
    10.5cm(65口径)連装高角砲6基、
    37mm連装機関砲11基、
    20mm機銃28丁
装甲 舷側:100mm、
甲板:60mm
搭載機 42~50機
     Bf109T
     Me155
     Ju87C/E
     Fi167

さらに詳しく → グラーフ・ツェッペリン (空母)



幻の航空母艦―主力母艦の陰に隠れた異色の艦艇 (光人社NF文庫)幻の航空母艦―主力母艦の陰に隠れた異色の艦艇 (光人社NF文庫)
(2006/11)
大内 建二

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 航空母艦 グラーフ・ツェッペリン ドイツ海軍 グラーフ・ツェペリーン

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1428-adba74dd
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ