ヴェノナ計画(Venona project、VENONA)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/27(木)
*

ベノナないしベノナ計画(英: Venona project、ただし一部機関では、VENONA と大文字表記する)は、1943年から1980年までの長期にわたって、アメリカ合衆国とイギリスの情報機関が協力して極秘裏に行ったプロジェクトである。主要任務は当時のソ連が第二次世界大戦後半に発信した暗号文を解読することであった。アメリカ合衆国とイギリスがこの作業に用いたコードネームは少なくとも13あったことが知られている。「ベノナ」はその最後のものである。「ベノナ」の意味は現在も不明。先立っては「JADE」、「BRIDE」、「DRUG」という名が使用されていた。極めて高度の機密とされていたが、1995年7月に原爆研究やマンハッタン計画へのソビエトのスパイに関する文書が公開され、さらなる公開で約3000に上る解読文書が公開された。

概要

ソ連が一般に採用していた暗号法は、元の文の単語や文字を数字に変換するとともに暗号文解読のための鍵 (ワンタイムパッド法の場合には本文と同じ量になる)を付加する方法であった。 正しい使用法をすれば、ワンタイムパッド法で暗号化された文は決して解読できないことが理論的に知られている。しかし、ソ連関係者の一部が暗号化に際して誤りを犯し、一度使用した鍵を再利用してしまった(一度使用した鍵をただちに廃棄するのがワンタイムパッド法の原則である)。これにより、膨大な通信文の一部、乃至は文書の一部分に限られたが解読が可能になった。

第二次世界大戦中の1945年5月に、アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見した。これがアメリカで活躍するソ連KGB(当時はNKVD)スパイ網で使用されているものと関連があることがわかった。また1942 年初頭に、ソ連NKVD通信センターは、使い捨て暗号表(ワンタイムパッド)を35,000ページ複製し2組の暗号表を作った。これにより同一暗号で暗号化された通信文が2つあることになった。そのため、NSAのメレディス・ガードナーほか優秀な解読者は暗号を破ることができた。

解読は超極秘であったが、イギリスMI6(SIS) のアメリカ駐在連絡代表キム・フィルビーがソ連に情報を流したため、ソ連は解読が実施されていることを知っていた。しかし当時フィルビーはSIS長官候補であったため、彼を温存するためにこの情報を利用しなかったという。

解読の結果として、ローゼンバーグ夫妻の原爆スパイ作戦が暴露され、2人は死刑になった(ローゼンバーグ事件)。裁判当時は解読結果が公表されていなかったため、左翼的なマスコミは、この判決を「マッカーシズム下のアメリカにおける代表的な冤罪判決」とみなして、アメリカ政府と右派を攻撃する材料として冷戦終結までの長きに渡って使うこととなった

年表

以下はNSAのVENONA Chronologyによる

* 1943年2月1日-ジーン・グラベルがアーリントンホールにてVENONAを始める
* 1943年11月-リチャード・ハーロック中尉が初めてソ連の外交暗号を解読する。フランク・ルイスがこれをさらに詳細に解読した。
* 1943年-VENONA作戦が拡大。F.コードラット大尉、ウィリアム・B・S・スミス少佐が担当する。
* 1944年11月-KGBの暗号を、セシル・フィリップ、ジュヌビヌーブ・フェインステイン、ルシール・キャンベルが初めて破る。
* 1945年-ソ連大使館員イゴーリ・グゼンコが亡命。エリザベス・ベントリーとウィテカー・チェンバーが、FBIにソ連のアメリカにおける諜報活動を通報。
* 1945年5月-アメリカ軍情報部がドイツのザクセンおよびシュレースヴィヒでソ連の暗号書を発見
* 1946年7月-12月-メレディス・ガードナーがKGBの暗号書の復元を開始した。解読されたいくつかの暗号文には、原爆に関するものが含まれていた。
* 1947年8月30日-メレディス・ガードナーが、暗号文に含まれるKGBの偽名についての研究を行う
* 1947年9月-G-2アドバイザのカーター・W・クラークとFBIのS・ウェルズレイ・レイノルズがアーリントンホールにおいてKGB暗号解読に成果
* 1948年10月19-20日-FBI首脳ロバート・J・ランファがメレディス・ガードナーと接触を始め、多数の諜報活動が明かされる
* 1948年-1951年-VENONAの調査により、クラウス・フックス、ハリー・ゴールド、ディビット・グリーングラス、セオドア・ホール、ウィリアム・パール、ローゼンバーグ夫妻、ガイ・バージェス、ドナルド・マクリーン、キム・フィルビー、ハリー・ホワイトなど多くの主要KGBエージェントが特定される
* 1952年-1953年-初期のKGB暗号装置が誤用されたため、GRU文書が解読された。その後の 20年間よりも多くのスパイが特定された
* 1953年-CIAが公式にVENONAを報告し、防諜活動に協力を始めた
* 1960年-イギリスが誤用されたGRU文書の利用を開始
* 1960年-1980年-数百もの暗号文が初めて解読される。初期に解読されたものも再解読される。
* 1980年10月1日-VENONA終了
* 1995年7月 VENONA FILEの一部が初めて公開される

さらに詳しく → ベノナ  ローゼンバーグ事件



ヴェノナヴェノナ
(2010/01/30)
ジョン・アール・ヘインズハーヴェイ・クレア

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ベノナ ベノナ計画 ヴェノナ VENONA

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1398-18e7696e
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。