ステアー M9-A1(Steyr M9-A1)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/05/23(日)
*



ステアー M(英:Steyr M)は、オーストリアの大手器メーカーステアー社製の軍用自動拳銃である。

概要

ステアーMシリーズはグロック社が開発したグロック17の成功に刺激され、ステアー社で設計された。そのためか、構造も似ていて手動セフティを有しておらず、トリガー自体がセフティを兼用する設計になっている。名称は各モデル共に、MXで統一されており、Xには各モデルの使用弾薬によって異なる数字が入る。たとえば、9mm×19弾を使用するモデルは、「M9」と呼称される。

構造

撃発メカニズムは、特殊ダブル・アクション・オンリーの撃針方式である。ダリップ・フレームは軽量の強化プラスチックで作られており、スライドはスチール製、バレル、撃発メカニズムが組み込まれている。多数の弾薬が装填できるよう、ダブル・カーラム方式のマガジンが採用されている。

撃針方式を採用したの特徴として、撃鉄方式のに比べ身・薬室とグリップの高さ方向の距離を短くできるという点があり、こうすることで発射時の衝撃を射手がいなしやすく命中精度やストレスという面において有利にはたらく。 それ以前に発表されたグロック17や同じコンセプトのS&W シグマはグリップの角度を大きくすることでグリップ位置をより身に近づけているが、M9はこの特徴をより推し進めてグリップの親指の位置が上斜め後方に伸びるような設計となっている。 しかし上記の方式によってハイグリップを実現した場合、手首を寝かせて射撃するというスタンスに不慣れであったり、銃口の向きをしっかり意識せずに連射をすると手首が起ききた状態で引き金を引いてしまうことになり、結果銃弾が上方に逸れてしまうというデメリットが指摘されている。

初期型Mシリーズのアンダーレールは左右に各2箇所の切り欠きがあるのみという独自規格によってデザインされていたため、この部分に装備するアクセサリー(主にフラッシュライト)をサードパーティ製から選択する場合にはデメリットが多かった。 これは後に発表された改良型であるM-A1とその小型版のS-A1では一般に広く普及しているピカティニー・レールに改められている。

また初期型から現行型まで一貫して台形を基調とした非常に特徴的な形状のオープンサイトを装着しており、取扱説明書にも意匠化されるなど同シリーズのアイコンにもなっている。 これは一般的なフロントサイト(凸型)、リアサイト(凹型)を合わせるタイプではなく、フロントサイトはピラミッド様の三角形、リアサイトの照門部分もフロントサイトに合わせた三角形で上に行くほど開口部が細くなるという形状をしている。

このデザインは標的を目線で捕らえる動作がそのままフロント・リアサイトを合致させる動作へと繋がるようにと意図されている。 また前後サイトとも弱光源下においても確実に照準できるよう、トリチウムナイトサイトが標準で埋め込まれている。

バリエーション

M

* ステアー M9
9mm×19弾を使用するモデル。装弾数は10+1発、14+1発、15+1発のいずれか。

* ステアー M40
M9と全く同型、同サイズだが、.40S&W弾を使用するモデル。装弾数は10+1発、12+1発のいずれか。

* ステアー M357
M9と全く同型、同サイズだが、357SIG弾を使用するモデル。装弾数は10+1発、12+1発のいずれか。

M-A1

2003 年にステアー社によって発表された現行モデル。ステアー社の独自形状アンダーレールをピカティニー・レールに改めるなどの改良がなされている。

* ステアー M9-A1
使用弾薬、装弾数は共にM9と同じ。

* ステアー M40-A1
使用弾薬、装弾数は共にM40と同じ。

* ステアー M357-A1
使用弾薬、装弾数は共にM357と同じ。

S

ステアー Mの小型版である。ただし、9mm×19弾仕様と.40S&W弾仕様のみで357SIG仕様はラインナップされていない。

* ステアー S9
使用弾薬、装弾数は共にM9と同じ。

* ステアー S40
使用弾薬、装弾数は共にM40と同じ。

S-A1

M-A1の小型版で、フルサイズのものに比べ全長で約13mm(9mm×19弾仕様)~約16mm(40S&W弾仕様)、全高で約7mm小さくなっている。

* ステアー S9-A1
使用弾薬、装弾数は共にM9と同じ。

* ステアー S40-A1
使用弾薬、装弾数は共にM40と同じ。

性能

口径 9mm
    .40S&W
銃身長 144mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 9mm×19
      .40S&W
      357SIG
装弾数 バリエーションにより異なる
全長 180mm
重量 745g

さらに詳しく → ステアー M
外部リンク → Steyr Mannlicher GmbH & KG



世界の軍用銃―第一次大戦の軍用銃から最新軍用銃までの仕組みと運用法がわかる (世界の傑作機別冊―Graphic Action Series)世界の軍用銃―第一次大戦の軍用銃から最新軍用銃までの仕組みと運用法がわかる (世界の傑作機別冊―Graphic Action Series)
(2006/06)
坂本 明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ハンドガン Steyr M9-A1 オーストリア 自動拳銃 ステアー

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1386-319a22d7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。