ヘッケラー&コッホ MG4 (Heckler & Koch MG4)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/05/17(月)
*



H&K MG4とは、ヘッケラー&コッホ社が開発した5.56mm口径のベルト給弾式軽機関銃(分隊支援火器)である。ドイツとスペインが制式採用しており、ドイツ連邦軍に制式採用される以前には、社内でMG43と呼ばれていた。

開発

ドイツ連邦軍の緊急展開部隊や国連平和維持活動参加部隊がアサルトライフルに、H&K G3に代わって5.56mm NATO弾を使用するHK G36を採用したため、それまで分隊支援火器として用いられてきたラインメタルMG3との弾の互換性を保つために試作が指示された。H&K社では1990年代に開発を行ない、2001年に公表。2003年にドイツ連邦軍の分隊支援火器として採用され、試験時の名称MG4がそのまま制式名となった。

構造

外見は同じ5.56mm NATO弾を使用する分隊支援火器であるベルギー製FN ミニミやイスラエル製IMI ネゲヴにそっくりであるが、前二者と異なりG36などのアサルトライフルの弾倉からの給弾は不可能であり、給弾はベルトリンクのみによる。空薬莢は下方に排出されるが右向に変更することも可能である。

キャリングハンドルが身交換用グリップを兼ねており、連射により加熱した身を素手で容易に交換できるように工夫されている。これは身の交換に耐熱布などを必要とした前任のMG3と比べ改善された点である。身の固定は、銃身を回転して行なうロータリー・ボルト・ロッキングによるもので、小回転角で固定できるようにマイクロ・ロッキング・ラグが装備されている。

銃床はプラスチック製で、携行性に配慮して折畳式のものを採用しており、操作性を高めるためにG36の銃床に類似したものを採用している。銃床内部には清掃器具が収められている。また、安定した射撃を実現するため折畳式二脚が標準装備されているのに加え、アメリカ製のM112A1三脚に取り付けることも可能である。照準は最大1,000mの射距離に対応したアイアンサイトを使用するが、必要に応じてピカティニー・レールに光学機器を追加できる。

運用

MG4は、ドイツ連邦軍の分隊に配備されているMG3汎用機関銃の後継(MG3は車載など他の用途で使用される)として急速に交代が進められている。また、プーマ装甲歩兵戦闘車の副兵装としても使用される。ドイツ以外では、スペイン陸軍に採用されている。

輸出も提案されているが、5.56mm口径の分隊支援火器は既にミニミやネゲヴなどがあり、これらに比べて汎用性に劣る(前二者で使うことができる M20マガジンが使用できない)上に重いため、ドイツ、スペイン以外の採用国は今のところ無い。

詳細

種類 軽機関銃 / 分隊支援火器
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
年代 2000年代

仕様

口径 5.56mm
銃身長 482mm(MG4MG4E)
     402mm(MG4KE)
ライフリング 6条 / 右回り
使用弾薬 5.56 x 45mm弾
装弾数 制限なし(ベルトリンク方式のため、弾帯による)
作動方式 ガス圧作動、ロテイティングボルト
全長 1,030mm / 830mm(MG4、MG4E)
    950mm / 750mm(MG4KE)
重量 8.15kg(MG4)
    7.9kg(MG4E)
    7.7kg(MG4KE)
発射速度 775~885発/分
銃口初速 980m/秒(MG4、MG4E)
        880m/秒(MG4KE)

歴史

設計年 1990年代
製造期間 2001年~ 現在
配備先 ドイツ連邦軍、スペイン軍
バリエーション MG4E、MG4KE

さらに詳しく → H&K MG4
外部リンク → heckler-koch



完全銃所持マニュアル―あなたも合法的に銃が撃てる!完全銃所持マニュアル―あなたも合法的に銃が撃てる!
(1999/02)
藤田 悟

商品詳細を見る
関連記事

タグ : H&K MG4 ヘッケラー&コッホ 軽機関銃 ライトマシンガン Heckler&Koch

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1367-e302667b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ