ムンバイ同時多発テロ事件 - 同時テロの深層

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/14(日)
*









ムンバイ同時多発テロムンバイどうじたはつテロ)は、2008年11月26日夜から11月29日朝にかけて、インドムンバイで外国人向けのホテルや鉄道駅など複数の場所が、イスラム過激派と見られる勢力に銃撃、爆破され多数の人質がとられまた殺害されたテロ事件である。

概要

2008年11月26日夜、インド最大の都市であり商業の中心地でもあるムンバイ(旧名ボンベイ)で、同時多発的に発生した10件のテロ立てこもり事件は、11月29日朝、陸軍部隊がすべての立てこもり拠点を制圧して終結した。 少なくとも172人ないし174人(うち34人は外国人)が死亡、負傷者は239人にのぼることが確認されている。

テロ攻撃のうち8件が南ムンバイで起こった。標的となったのは、混雑した チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅。二カ所の五つ星ホテル、ナリーマン・ポイントにあるオベロイ・トライデントとインド門近くのタージマハル・ホテル。 コラバ地区にある旅行者に人気のレストラン、レオポルド・カフェ。 カマ病院。ユダヤ教正統派のナリーマン・ハウス(ムンバイ・ハバド・ハウス)。 メトロ・アドラブ映画館。 ムンバイ警察の本部ではマハーラーシュトラ州対テロ特殊部隊の隊長を含む、少なくとも3人の警察幹部が銃撃戦によって死亡した。ムンバイ港湾地区のマズガーオン造船所では爆発があった。10件目の事件として、空港に近い 北ムンバイのヴィレー・パールレー郊外におけるタクシーの爆発があげられるが、南ムンバイの同時テロとの関連性は不明である。

デカン・ムジャヒディンと名乗る組織から、事件の犯行声明を主張する電子メールが報道機関に送られた。 調査によりこの電子メールの発信元はパキスタンであることがつきとめられた。しかし、テロ実行犯たちの所属組織は特定されていない。インドのマンモハン・シン首相は、このテロ事件は単独では実行不可能であったろうから、おそらく「外部とのつながり」があるだろうと述べた。

警察の発表によると、逮捕したテロリストのうち一人が、自分たち実行犯はパキスタンに本拠を置くイスラーム主義組織ラシュカレトイバ(Lashkar-e-Taiba)に所属していると供述したとのことであるが、このことはインド・パキスタン両国の関係に深刻な影響をもたらす可能性がある。しかし、パキスタン政府はテロリスト集団への支援を否定し、「テロリストには宗教など全く関係ない」との考えを明らかにした。インド・ムジャヒディンのテロリスト集団は2008年9月にも、ムンバイの市内複数箇所で爆破事件を起こすと犯行予告を出していた。

いくつかのテレビ報道によると、オベロイ・タワーで人質を取って立てこもっている最中、テロリストの一人は、国内のあるテレビチャンネルの放送において、人質解放の条件としてインドで拘束されている「ムジャヒディン」全員の釈放を要求した。また、この実行犯は、その場に7人の仲間が人質を取って立てこもっている、とも述べた。 この要求は、ナリーマン・ハウスの人質の一人がニューデリーにあるイスラエル領事館へかけた電話でなされたものと伝える報道もある。アルカイーダがこの攻撃に関与しているかどうかについては、専門家の間でも意見が分かれている。パキスタンに詳しい解説者の中には、この事件の背景にはインド国内のテロ勢力がいると示唆する向きもある。

ムンバイ同時テロは11月28日早朝にいったん終結宣言が出されたが、直後に撤回された。鎮火され、兵士たちが人質を避難させ、犠牲者の遺体を片付けていたナリーマン・ハウスとオベロイ・トライデントでは、特殊部隊兵士により人質が救出された。ユダヤセンターでは殺害された5人の人質が発見された。

ニュースはその後、タージマハル・ホテルには依然2~3人のテロリストが潜伏しており、複数の爆発音が聞こえ銃撃戦が続いていると報じた。火災がタージマハル・ホテルの一階で発生し、二階部分からもうもうたる煙が立ち上った。タージマハル・ホテルの建物への損害はすさまじく、屋根部分のドームやHeritage Wing of the Tajの一部は破壊されたと伝えられた。軍治安部隊(NSG)によるホテル鎮圧作戦は完了し、その際に実行犯3人が死亡したとされている。 タージマハル・ホテルの制圧が完了し同時テロ事件が本当に終結したのは、11月29日朝のことであった。

このテロ事件は、インドとパキスタンの緊張関係を一層悪化させた。 インド外務省は、12月1日にパキスタン高等弁務官のShahid Malikを呼び、パキスタンの土壌から生まれたテロをパキスタンが抑え込めなかったことについて公式に抗議した。

出来事

インドは近年多くの爆弾攻撃を受けており、ムンバイも多くのテロ攻撃を受けてきた。 今回のテロ攻撃に先立ち、タージマハル・ホテルのオーナーやインド沿岸警備隊には警告が届いていた。アメリカもインドに対して、海路を経由したテロ攻撃について警告を行っていた。今回のテロに参加したテロリストの多くは、港の外に停泊した船舶からボートに乗り移ってムンバイに上陸したものと考えられている。

11月26日午後8時10分、大きなバッグをいくつも抱えた10人くらいのイスラム系テロリストを載せたボートがムンバイのカフ・パレード近隣の Macchimar Nagarに着岸し、そこで6人が上陸し、4人は岸に沿って航海を続けた。 近隣住人がそのグループに職業を尋ねると、彼らは学生だと答えた。午後8時30分、同じような出来事がコラバ地区でもあった。ウルドゥ語を話す10人の男が空気注入式の高速ボートに乗って岸についた。彼らは、マラーティー語を話す地元の漁師に向かって、余計な御世話だと言うと2方向にわかれて去った。この漁師は警察に報告したが、ほとんど反応はなかったという。

テロ攻撃は午後9時20分ごろ始まった。このとき、AK-47自動小銃で武装した2人のテロリストがチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅に入ってきて、銃を撃ち手榴弾を投げ、少なくとも10人が死亡した。タージマハル・ホテルでは、2人のテロリストが7人の外国人を含む15人の人質をとって立てこもった。CNNは、午後11時に、タージマハル・ホテルの人質事件は解決したと報じ、人質はすべて解放されたというマハラシュートラ州警察長の言葉を引用したが、後になって、ホテルにはまだ人質が残っていたことが分かった。

オベロイ・トライデントホテルでは、40人が人質となっていた。爆発はタージマハル・ホテルで6回、オベロイ・トライデントで1回あったと報じられたタージマハル・ホテルは、午前4時22分には政府に完全に統制されたと報じられインド人のコマンドがオベロイの中にいた二人のテロリストを殺害し、建物を制圧した。

二か所のホテルでは火事が起き、急襲部隊と陸軍に包囲されていた。陸軍のコマンド400人と 軍治安部隊 (NSG)のコマンド300人と、36から100人のMARCOSコマンドが現場に送られた。 テレビ局からのライブ映像をテロリストが受信しているという報告があり、ホテルへの配信は停止された。

タージマハル・ホテルではすべてのテロリストが排除され、警察と消防が中に残されていた50人ほどの人々を救いだそうと働いていた。 ヴィル・パールで小規模の爆発があり、サンタクルーズも手榴弾で攻撃されたと報じられた。南ムンバイの Nepean Sea Roadでも2回の爆発が報じられた。現地の鉄道のうち、インド西部鉄道のムンバイ郊外線は運行していたが、インド中央鉄道は止まっていた。立てこもりが続くオベロイではさらなる爆発が報じられた。 その間、警察はマズガオン造船所に停泊していた武器弾薬が満載のボートを押収した。

襲われたホテルには、さまざまな国や組織の議員なども滞在していて、巻き込まれかけたり危うく難を逃れたりしている。 ニューヨーク・タイムズによると、テロリストはコラバ地区にあるハバド・ルバヴィッチ派のナリマン・ハウス(ムンバイ・ハバド・ハウス)でも人質をとって立てこもった 11月29日早朝、ラビである Gavriel Holtzberg師とその夫人はほかの人質とともに建物の中で殺されているのが発見されたと報じられた。

11月29日、タイムズ・オブ・インディアは、この戦いは発生から60時間後にインド治安部隊の手で終結したと報じた。タージマハル・ホテルで最後の作戦が完了したのは、11月29日午前8時のことだった。治安部隊はオベロイ・トライデントで250人、タージマハル・ホテルで300人、ナリマン・ハウスで12家族60人を救出した。11月29日付のABCニュースによると殺された人は計172人にのぼった。

犯行声明

デカン・ムジャヒディンと名乗る組織が報道機関への電子メールで 関与を主張している。9月には、インド・ムジャヒディンが将来、攻撃を行うと警告していた。 目撃者によると、銃をもったテロリストたちは、アメリカと英国のパスポートをもった人間をより分けていたという。 同時に、インデペンデント紙によれば、攻撃者はヒンディー語もしくはウルドゥー語を話す若い南アジア系で、自分たちは外国人ではなくインド武装勢力のメンバーであると示唆していたという。

いくつかのメディアは、これらのテロ攻撃をパキスタンに本拠を置くイスラム武装勢力ラシュカレトイバによるものと報じている。 ニューヨーク・タイムズによれば、国際的なセキュリティ専門家がデカン・ムジャヒディンについて何も発見できないとし、アナリストの一人はこれを表看板と見ているという。 もしラシュカレトイバが関与しているなら、このテロはアルカイーダにつながる可能性があるが、 ラシュカレトイバは関与を否定している。 テレビのSky Newsはテロリストの一人が「お前たちはカシミールでどれだけ多くの人が殺されたか知っているのか?お前たちの軍隊がイスラム教徒をどのように殺してきたか知っているのか?」とパキスタン訛りのアクセントで叫んだと報じた。ガーディアンは アルカーイダが関与しているのではないかとの憶測について、ミスリーディングであろうとしている。 デイリー・テレグラフによれば、セント・アンドリューズ大学のある教授は、アルカイーダはテロ作戦について詳細な計画を設定するが、世界各地でわれわれが見るのはその計画をコピーしたアルカイーダとは異なる人々、異なるグループであると論じる。

多くのアナリストが、今回の攻撃はパキスタン勢力ではなく、今年一連の爆破事件を起こしたと考えられているインド過激派グループによる可能性が高いとみている。インド情報機関は、テロリストたちがパキスタン・カラチ港から貨物船「アルファ」号で渡航してムンバイに潜入したと見ていたといくつかのインドのニュースは伝えた。 このためインド海軍と沿岸警備隊は西海岸の警戒を強めていた。インドの英字新聞「ザ・タイムズ・オブ・インディア」はインドの沿岸警備隊が数日前に行方不明になっていた船を押さえたと報じた。 グジャラート州の警察は今回のテロは、2002年に起こったアクシャルダーム寺院襲撃事件に似ているとした。これらの報道は、 インド海軍が貨物船「アルファ」号を調べて事件に関与している証拠がないとしたことから退けられたが、この船の調査は続いている。あるインド海軍ソマリア海賊対策担当者は、攻撃がソマリア沖の海賊に関係している可能性を除外することはできないとしている。

報道

ムンバイ同時テロでは、事件報道においてソーシャルメディアと市民ジャーナリズムの重要性が増していることが浮かび上がった。多くの人々が次々と明らかになる事件の状況をTwitterやFlickrで報じ、情報は「ムンバイ」や「攻撃」という検索タグでまとめられた。テロ攻撃の翌日、インド政府はムンバイ市民に警察活動の実況をTwitterで流すのをやめるよう依頼した。多くのインド人ブロガーがテロ事件をブログで実況した。事件発生箇所がGoogle マップでピックアップされた。ウィキペディア(英語版など)もまた、既存メディアより先んじて事件の詳細を報じた。

さらに詳しく → ムンバイ同時多発テロ  ラシュカレトイバ(「ラシュカル・エ・タイバ」、「ラシュカレ・タイバ」)  カシミール


大きな地図で見る



テロリズム―歴史・類型・対策法 (文庫クセジュ)テロリズム―歴史・類型・対策法 (文庫クセジュ)
(2008/07)
J.=F. ゲイローD. セナ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 事件 テロ ムンバイ同時多発テロ インド ムンバイ ラシュカレタイバ ラシュカレトイバ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1217-d8c8ff64
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。