ヘッケラー&コッホ UMP(Heckler & Koch UMP)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/09(火)
*









H&K UMPとはドイツのヘッケラー&コッホ (H&K) 社が製造した短機関であり、“UMP”とは“汎用短機関”を意味する“Universale Maschinenpistole”の略称である。

概要

MP5にかわる、次世代サブマシンガンとして同社が試作したSMG IとMP2000をベースに開発された。プラスチックを多用した、G36をスケールダウンしたかのようなデザインだが、G3に対するMP5のような位置づけではない。ハンドガード右側と下部、そして前後照準器間にピカティニー・レールを取り付けることができるため、MP5よりも優れた拡張性を有する。

H&K UMPの主な販売先は米国であるため、MP5シリーズには存在しなかった.45ACP弾仕様のUMP45が用意され、ボルトストップはM16風のものが採用されている。また、UMP45以外に9mmパラベラム弾仕様のUMP9や.40S&W弾仕様のUMP40も存在するほか、セミオートのみの民間バージョンUSCが存在する。また、低腔圧な.45ACP弾をバリエーションに含むため、G3シリーズやMP5シリーズで用いられていたローラー遅延式ブローバックではなく、シンプル・ブローバック方式となっている。材質にポリマーを用いており、同クラスの短機関よりも軽量化に成功している。また、ポリマーは水上における作戦でも錆びを気にする必要が無いという利点もある。

性能

口径 .45口径(11.43mm)
    9mm
    .40口径(10mm)
身長 200mm
使用弾薬 .45ACP弾
      9mmパラベラム弾
      .40S&W弾
装弾数 25発(45ACP)
     30発(9mm,40S&W)
作動方式 クローズド・ボルト撃発
      シンプル・ブローバック方式
全長 450mm(ストック展開時690mm)
重量 UMP45 2.3kg(5ポンド)
    UMP40、UMP9 2.1kg(4.6ポンド)
    ※すべてマガジンは含まない
発射速度 600発/分

さらに詳しく → H&K UMP
外部リンク → Heckler & Koch UMP紹介ページ



世界の軍用銃―第一次大戦の軍用銃から最新軍用銃までの仕組みと運用法がわかる (世界の傑作機別冊―Graphic Action Series)世界の軍用銃―第一次大戦の軍用銃から最新軍用銃までの仕組みと運用法がわかる (世界の傑作機別冊―Graphic Action Series)
(2006/06)
坂本 明

商品詳細を見る
関連記事

タグ : サブマシンガン ヘッケラー&コッホ H&K Heckler&Koch UMP

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1203-444e77a7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。