【高部正樹】 カレン民族解放軍 [H21/3/9]

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2009/12/13(日)
*





高部 正樹(たかべ まさき)は、日本出身の元傭兵である。1964年、愛知県で生まれる。 高校卒業と同時に航空学生として航空自衛隊に入隊、パイロットとなるための訓練に励むも、訓練中の背中の怪我により除隊。その後、もうひとつの夢であった、肉体的・精神的に精強な歩兵になることを決意し、1988年、当時ソビエト連邦の侵攻を受けていた、アフガニスタンに単身乗り込む。ムジャヒディンの中の一派の「ジャミアテ・イスラミ」に加わり、ソビエト連邦軍との紛争やソビエト連邦軍撤退後のムジャヒディン同士の抗争(内戦)を戦う。

1990年代に入り、活動拠点を東南アジアに移し、カレン民族解放軍に加わり、ビルマ(現ミャンマー)からの独立闘争に参加する。途中94年から95年の間は、クロアチア傭兵部隊「ビッグ・エレファント」の一員として、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争に参戦している。帰国後は、再びカレン民族解放軍に参加した。 近年では、民間軍事会社に雇われていた傭兵仲間と共に、イラク入りする予定であったが、足の骨折のため、断念している。

1990年末と2002年8月にイラクからのオファーを受けているが、1990年は結果としてイラク入りしていない。2002年はオファー自体を断っている。 自衛隊内で発行されるパンフレットに、彼のインタビューが載せられていたほか、自衛隊のPX(購買部)でも彼の著書が売られている。著書では映画や小説で描写されるようなステレオタイプな姿とは違う平時も含めた実際の傭兵の生活について多くのスペースを割き詳述しておりその魅力ある内容で多くの愛読者を獲得した。

さらに詳しく →カレン民族解放軍  高部正樹  傭兵  日本文化チャンネル桜



戦友 [名もなき勇者たち]戦友 [名もなき勇者たち]
(2008/05/09)
高部 正樹

商品詳細を見る
関連記事

タグ : ワンカー攻防戦 カレン民族解放軍 高部正樹 チャンネル桜

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/120-a5d7cdaf
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ