ベレッタAR70/90(Beretta AR70/90)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/28(日)
*



ベレッタAR70/90Beretta AR70/90)はイタリアのベレッタ社が1980年代に開発した軍用アサルトライフル

開発経緯

1960年代後半、西側諸国が歩兵用小の使用弾丸を7.62mm NATO弾から5.56mm NATO弾に切り替え始めたため、イタリアでもその流れに乗った新しいアサルトライフルの開発が始まった。開発を請け負ったベレッタ社はスイスのSIG社と協同開発に乗り出し、開発初期段階では共同で研究開発を行っていたが、内部機構の設計に関する意見の相違から共同開発は中止。その後ベレッタの単独開発となり、ロータリー・ボルト・ロッキングを組み込み結局ガス圧利用方式を採用した。生産性を重視し、スチール版をプレス加工で成形することでレシーバーや弾倉を製作、1970年に 223レミントン弾を使用弾薬とするAR70/223が完成した。

AR70/223はイタリアの特殊部隊や他国の軍隊で制式採用されたものの、いくつかの欠点を抱えていた。そのためイタリア軍次期制式採用アサルトライフルのトライアルに向けて改良が施された。軍採用に関しては様々な紆余曲折はあったものの、この改良モデルはH&K社が送り込んだG41A1を抑えて、主力アサルトライフルとして1990年に制式採用が決定しM70/90(AR70/90)となった。

特徴

ガス・ピストンによる一般的なガス圧利用式の作動メカニズムを採用し、機能・外観共に西側のアサルトライフルとして非常にオーソドックスな構成となっている。AR70/223からAR70/90への改良でマガジンリリースボタンやセレクターレバー等の操作部品のアンビ化、NATO標準のM16タイプの弾倉を使用、強度面での不安があったレシーバーの強化が行われている。

バリエーション

M70/223(AR70/223)
オリジナルモデル 使用弾は.223Rem(M193)
システム・ウェポンとして設計、開発されており、機関部には手を加えずに様々なバリエーションに展開させることができた。

M70/90(AR70/90)
基本形のバリエーションで、プラスチック製固定ストックを持つ。SS109(5.56mm NATO弾)対応型。イタリア軍が制式採用している。

AR70/90 LMG
肉厚のヘビーバレルと金属製の2脚、AR70/90とは形が違うストックを装備した軽機関タイプ。

SC70/223
AR70/223のカービンモデル。折りたたみ式ストックを装備。

SC70/90
AR70/90のカービンモデル。金属製の折りたたみ式ストックを装備したモデル。

SCS70/223
SC70/223を更に短小化したモデル。特殊部隊等で使用。

SCS70/90
SC70/90を更に短小化したモデル。全長は876mm(ストック使用時)/647mm(ストック折りたたみ時)、重量は3790g。特殊部隊等で使用。

仕様

種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
身長 450mm
ライフリング 6条右転
使用弾薬 5.56mm NATO弾
装弾数 30発(箱形湾曲弾倉)
作動方式 ガス圧利用方式
全長 998mm
    756mm (床折畳時)
重量 3990g
発射速度 650発/分

さらに詳しく → ベレッタAR70/90  ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ
外部リンク → Beretta USA



萌え萌え銃器事典II萌え萌え銃器事典II
(2007/05/24)
銃器事典II制作委員会

商品詳細を見る
関連記事

タグ : アサルトライフル ベレッタ AR70/90 Beretta

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1167-9f6ba32d
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。