M24 SWS (M24 Sniper Weapon System)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/25(木)
*







M24 SWS(Sniper Weapon System)は、レミントン・アームズ製のボルトアクション狙撃である。アメリカ陸軍をはじめ世界中の軍や警察で採用されている。

概要

M24はスポーツ射撃用M700ライフル(レミントン・モデル700)を基にHSプレシジョン製の床、リューポルド社製の光学照準器を装備し、アルミ製だったトリガーガードをスチール製に交換するなどの変更が加えられている。レシーバー側面と身先端上面にはレッドフィールド製競技用照準器(ピープサイト)用のベースが取り付けられている。パラシュートでの投下に耐えられる輸送用のペリカン製大型ハードケースで支給され、これら附属装備品を含めて M24 SWS(Sniper Wepon System)と呼ばれる。

イラク戦争においてM24等のボルトアクション式ライフルは、待ち伏せへの反撃や対戦車ミサイル射手の排除に効果を発揮したが、連続的な射撃による牽制などが行えない点が市街戦に向かないとされた。アメリカ陸軍はM24の後継としてナイツアーマメント社が提示したSR-M110 SASSをM110 SASS(セミ・オートマチック・スナイパー・システム)の名称で制式採用しているが、M24シリーズも2010年2月までは継続して調達する予定。

バリエーション

M24
基本型。アメリカ陸軍のスナイパーが現在も使用している他、日本の陸上自衛隊でも採用された。床はH-SプレシジョンのPST-011。狙撃用としては標準的な308ウィンチェスター弾が4発装填出来るインナーボックスマガジンを備える。後のA2やA3に対して、装備しているのはピカティニー規格でない20mmマウントレールであるため、20mm規格のオプティカル・サイトなら何でも搭載出来るというわけではない。

XM24A1
.308ウィンチェスターよりも弾道特性に優れた.300ウィンチェスター・マグナムを使用する試作モデル。試験時にミスファイヤを連発したことで不採用となった。

M24A2
改良型。アメリカ陸軍でM24と併用されている。使用弾薬は同じく.308ウィンチェスターだが、インナーボックスマガジンから10発装填のデタッチャブルボックスマガジンに変更、ストックもバットプレート近辺の全長とチークピースの全高を調節可能なH-SプレシジョンPST-013アジャスタブル・ストックに換装している。マウントレールはMARS(Modular Accessory Rail System)と呼ばれる一体成型のもので、従来のエジェクションポート上に置かれるレールを20mmピカティニー規格に変更しただけでなく、その前方に一箇所、左右に一箇所ずつ、合計三ヶ所のレールが増設された。後にバレルも、半ばまでを覆うOPS社のサプレッサーを備えたものに交換されていった。

M24A3
M24A2をベースに、PST-013のサイズアップ版であるH-Sプレシジョン製PST-026アジャスタブル・ストック、又はイギリスのAWライフルと同形状のA.I.C.S.ストックを搭載し、.300ウィンチェスター・マグナムよりも更に長距離を狙撃可能な.338ラプア・マグナムを使用する。.308ウィンチェスター仕様の24インチバレルよりも更に長い、29インチのヘビー・バレルを搭載し、M24A2同様、MARSやOPSサプレッサーを装備する。

XM2010
アメリカ陸軍向けに開発されている最新の派生型。使用弾薬は.300ウィンチェスター・マグナム。

陸上自衛隊での配備

陸上自衛隊では64式小に照準眼鏡(スコープ)を取り付けて狙撃として使用してきたが、本格的な狙撃専用銃に比べて有効射程距離や命中精度などが劣ることや、64式小銃が89式小銃に更新され減数となっているから、狙撃専用銃器としてM24を対人狙撃銃の名称で導入した。調達は2002 年度(平成14年度)から全て対外有償軍事援助(FMS)により行われ、2009年度(平成21年度)までに922セットが調達されている。照準眼鏡はMark4 M3と夜間用(機種不明)の2種類がある。

陸上自衛隊の狙撃手は、全国の普通科連隊に創設された狙撃班(定員6名)に配属されており、単独もしくは観測手(スポッター)と2人1組での行動が基本となっている。狙撃手、観測手ともに隠密行動用戦闘装着セットが支給されており、森林など偽装が必要な場所で活動する際はこれを着用する。特殊作戦群では迷彩塗装を施して使用されている。富士総合火力演習には2008年度から登場しており、2009年度の展示では500m先の模擬車両(走行中と想定)の窓にある標的を狙撃した。

仕様

種別 ボルトアクション
口径 7.62mm
銃身長 420mm
使用弾薬 7.62mm NATO弾、300 Win Mag
装弾数 5発(薬室内含む)
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1092mm
重量 4400g
銃口初速 868m/秒

さらに詳しく → M24 SWS  ボルトアクション方式
外部リンク → Remington



最強の狙撃手最強の狙撃手
(2007/03)
アルブレヒト ヴァッカー

商品詳細を見る
関連記事

タグ : スナイパーライフル Remington M24 SWS ボルトアクション

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1155-ac869df6
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。