B-2 スピリット(Northrop Grumman B-2 Spirit)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/02/20(土)
*







B-2アメリカ空軍ステルス戦略爆撃機。開発はノースロップ・グラマン社が担当し、21機が生産された。水平尾翼および垂直尾翼がない全翼機と言う特徴的な形をしており、愛称はスピリット(Spirit,魂)。ただし、この機は同重量の金と同価値といわれるほど非常に高価で、少数しか生産されていないため、1機ごとに「Spirit of New York」等のパーソナルネームを与えられている。乗員は2名。

開発経緯

B-2の開発は、ステルス性や長い航続距離などの要求の元に1978年から開始された。その当初はソビエト連邦の防空網をかいくぐってICBM発射基地や移動式ICBM発射台に短距離攻撃ミサイルで核攻撃を加えることが主目的であった。開発初期は極秘プロジェクト(Project Senior C. J.、後にATBと改名)として当初米空軍上層部ですら開発は機密扱いであった。ATB(Advanced Technology Bomber、先進技術爆撃機)という計画名は知られるようになったものの、1988年4 月に想像図が公表されるまでは公式情報はほとんどなかった。

B-2の開発は米ノースロップ・グラマン社と米ボーイング社が共同で行い、米ボーイング社がコックピット部と本体の中央部、残りをすべてノースロップ・グラマン社が担当した。1982年に6機のプロトタイプ用の予算が組まれ、1988年11月22日に最初の機体82-1066がパームデールの米空軍第42プラントからロールアウトされた。セレモニーは非常に慎重に計画され、招待された500名のゲストは地上からはB-2の正面のみ閲覧が可能であったが、上空からの規制は手が抜かれていて小型セスナ機により上空から撮影された写真が残っている。初飛行は当初1989年7月15日に予定されていたが(予算編成時は1987年の予定だった)燃料系のトラブルのため延期され、最終的には7月17日にエドワーズ空軍基地にて行われた。

機体設計と搭載機器

F-117と同じくステルス性を最重要視した形となっているが、F-117が直線的な多角形によって構成された機体デザインだったのに対してB-2は曲線的なシルエットとなっている。これはF-117開発時のコンピュータの計算能力が低く、曲面のシミュレーションが難しかったためにデザインが極端に簡素化されたのに対して、B-2開発時にはクレイ社のスーパーコンピュータを使用可能であったためである。『空飛ぶ翼』(flying wing)の概念を大きく踏襲し、垂直尾翼および水平尾翼を有していない。尾翼がないことにより、レーダー反射面積の面で有利となっている。また、表面はレーダー波を吸収してそのエネルギーを熱に変換するグラファイト/エポキシ複合剤(RAM:Radar Absorbent Material)で覆われているほか、内部構造には非公表ながらレーダー波を吸収するハニカム構造が大量に採用されているとされる。B-2の機体表面を環境変化などから保護するために表面には無数の小さな孔があけられており、本体内で発生した水蒸気などを外部へ逃して変形を防ぐ設計がなされている。

4基搭載されたアフターバーナーのない米ゼネラル・エレクトリック製F118-GE-110 ターボファンエンジンは、レーダー波を反射するエンジンファンが機体正面から露出しないように大きく曲げられたダクトを介して機体内部に深く埋め込まれている。赤外線による下方からの探知を避けるために排出口は機体上面に開口しており、通常のエンジンへのインテークと、そのやや前部に刻まれたジグザグ状の切れ目の2つに分けられたインテークから取り入れられた冷気を、排出前に排気に混ぜ合わせて温度を下げた上、意図的に長く作られた排出口以降の翼上部に熱吸収材でできたタイルを並べており、排気温度を更に下げる工夫がなされている。他に飛行機雲を作らないために塩化フッ化スルホン酸(Chloro-fluorosulphonic acid)を排気に混入させるようになっている。

また、B-2は前脚両側ベイに2基の攻撃目標探索・航法用の米レイセオン(ヒューズ・エアクラフト)社製AN/APQ-181Ku-バンド フェーズドアレイレーダーを装備しており、ステルス性を阻害しないように自機の放つレーダー電波の周波数のみを通す選択透過性の高いカバーで覆われている。アクティブ・レーダー使用時にはステルス性が失われる危険があるため、レーダー波の照射は爆撃直前に地上の標的近辺のみを対象に限って行なわれるようになっている。Kuバンドによる目標の精密画像データは搭載のGPS援用目標照準システム(GPS aided targetting system、GATS)によるJDAM爆弾投下の精度を向上させる。このレーダーは開発時はC-135に搭載されテストが行われていた。

自衛用にAN/ALQ-161電子妨害システムとAN/APR-50レーダー分析警報装置を搭載している。AN/ALQ-161電子妨害システムは多数の敵ミサイル・敵航空機・地上からの捜索レーダー波を尾部警戒を含めて360度警戒を行い、複数の探知に対して直ちに適切な複数の妨害電波を送信できる。

コックピットには4台の多機能カラーディスプレイが設置され、パイロットは左側、コパイロットを兼ねる兵装担当士官(Weapon System Officer、WSO)は右側のマクドネル・ダグラス社製ACES-II上方射出シートに座る。これら通常の搭乗員2名の他に3人目の搭乗用スペースも設けられている他、WSOの座席の真後ろには長時間航行を想定して簡易便器も用意されている。操縦は4重のフライ・バイ・ワイヤでコンピュータによってアシストされている。兵器管理システムにはIBMフェデラルシステムズのAN/APR-50(ZSR-63)およびZSR-62ディフェンス補助システムの搭載が予定されている。。

爆撃

RCS(Radar Cross Section)が極小化されているとはいえ、至近距離では敵レーダーに捉えられる可能性もあるため、爆撃目標物のすぐ近くまで飛行して爆撃を行う事は非常な危険を伴うために避けられる場合が多い。しかし搭載する航法コンピュータの備える敵の軍事地理情報を利用することで、最も安全な飛行ルートが設定可能で、加えて250-5000lbsのGPS/INS誘導のJDAM(Joint Direct Attack Munition)により、標的からの半径8マイル(約13km)以内に到達できればピンポイントで目標を破壊可能である。JDAMの高空からの滑空距離は27km程である。この爆弾は、B-2上に搭載されたSBRA(Smart Bomb Rack Assembly)上で再プログラム可能で、天候やターゲットの変更などに応じて臨機応変に対応できる。B-2には通常16発の2000lbs爆弾が搭載される。他にもAGM158巡航ミサイル(JASSM)や5000lbs(約2.8t)のEGBU-28 バンカーバスターを最大8発、B-61-11貫通型核爆弾なら最大16発搭載できる。今後SDB小直径誘導爆弾の運用能力付加が予定されている。

価格と製造数

B-2は1機20億ドル以上(1ドル100円として約2000億円)という非常に高価な航空機であり、これは世界一値段が高い飛行機としてギネスブックにも登録されている。ちなみに、世界的に見ても巨大かつ高価なイージス艦、こんごう型護衛艦は1隻あたり約1223億円であり、その倍近い金額である。

開発当初は132機の製造を予定していたが、取得費だけでなくステルス性確保のため7年に一度コーティングを再塗装する必要があるなど維持費も高額であり、また冷戦終結もあって結局試作機を含む全21機しか製作されていない。量産されれば単価は下げられるが、先進軍事技術が多数使用された特別の航空機であるために友好国への供与は2009年現在も行われていない。

維持費は殆どがその滑らかな機体を研くためのものである。F-117の開発責任者であるスカンクワークスのベン・リッチは費用対効果の観点からこの機体を酷評した(ただしF-117もレーダー波吸収用の特殊素材のコーティングのチェックのため、維持費が高額であるのは同様である)。

機密保持と漏洩

極めて高度な軍事兵器であるので、秘密保持には最高度の注意が払われている。機体を写真撮影するに際してもアングルや撮影距離等が厳重に管理・制限される。兵器を搭載して戦闘準備を整えた状態のコックピット内の映像撮影も禁止されている。しかし、2005年10月に中国共産党に情報を売り渡したとして推進装置設計の責任者が逮捕された。

事故

2008 年2月23日アンダーセン空軍基地からホワイトマン空軍基地へ向かった1機(89-0127 Spirit of Kansas)が離陸直後に墜落。搭乗員2名は射出して無事だった。

初実戦

B-2の初実戦は1999年のコソボ紛争である。初飛行から10年も経ってからの実戦であるが、それまで実戦経験が無かった理由として以下が挙げられている。

* あまりに高価であり、また何よりも偵察・撃墜・鹵獲などによる機密漏洩への懸念から、軍部が出撃させるのをためらっていた(コソボ紛争でも、同じく機密とされていたF-117が撃墜される事態が発生していた)。

* 当初、爆撃機に搭載できる精密誘導爆弾が無かった。高度な照準器を用いても、無誘導爆弾は一般市民を巻き込む可能性が高いため、爆撃機の出動は控えられた。これはB-52など他の爆撃機も事情は同様である。その後GPS/INS誘導爆弾が開発され、それによりB-2や従来の爆撃機でも精密爆撃が可能となった。

* 単に本格的な空爆を伴う軍事作戦が無かった。

同紛争中、中国大使館への誤爆が発生した。アメリカ合衆国、NATOは、古い地図を用いて目標を設定したミスによる誤爆であるとして中国に謝罪した。しかしながら、中国がセルビア側を支援していたため、大使館地下にあった指揮所を故意に爆撃したのではないかという見方が存在する。

搭載兵装

* 2,000lb爆弾またはJDAM×16発
* 500lb爆弾×80発
* B61核爆弾またはB83核爆弾×16発

などから最大18tまで選択可能

仕様

* 全長:21.03m
* 全幅:52.43m
* 全高:5.18m
* 最高速度:約1,000km/h
* 巡航速度:M0.8
* 空虚重量:約45t
* 最大離陸重量:約170t
* ペイロード:約18t
* エンジン:GE F118-GE-100 ターボファンエンジン ×4基
* エンジン推力:77.0kN
* 航続距離:約12,000km
* 乗員:2名

ジャック・ノースロップの悲願

全翼機はノースロップ社の創業者であるジャック・ノースロップの夢であり、そもそも会社そのものが彼の夢を実現するために設立されたものである。しかしジャック・ノースロップの夢はYB-49爆撃機の開発失敗によってはかなく潰え、彼は1952年に航空工業界を引退する。その後のノースロップ社は堅実な機体の開発に努める事となる。だが1980年、パーキンソン病に冒され余命いくばくもないジャック・ノースロップは社に招かれ、軍の特別許可を得て製作された、B-2の模型をプレゼントされた。それを見た彼は「今こそ、神が25年の余生を与えたもうた理由が分かった」と涙を流したという。翌年ジャック・ノースロップは、85年の生涯を閉じた。

さらに詳しく → B-2 スピリット  ステルス



ディスカバリーチャンネル テスト・パイロット B-2 ステルス爆撃機の開発全史 [DVD]ディスカバリーチャンネル テスト・パイロット B-2 ステルス爆撃機の開発全史 [DVD]
(2004/05/28)
スコット・ヒューズ

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 爆撃機 B-2 スピリット ステルス ノースロップ・グラマン アメリカ空軍

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1139-1861cd28
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。