皇紀2670年と建国の実年代

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/02/18(木)
*

神武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)は、初代天皇である神武天皇が即位したとされる年を元年(紀元)とする、日本の紀年法である。略称は皇紀(こうき)という。外にも、皇暦(こうれき)、神武暦(じんむれき)、神武紀元(じんむきげん)、日紀(にっき)などともいう。年数の英字表記では、「Koki」や「Jimmu Era」などといい、皇紀2660年を「Koki 2660」「Jimmu Era 2660」などと表記する。紀元節(現在の建国記念の日)廃止までは、単に「紀元」と言った場合には、神武天皇即位紀元皇紀)を指していた。西暦2010年は、神武天皇即位紀元(皇紀)2670年である。

概説

神武天皇即位紀元は、キリスト紀元(西暦)より660年大きな値(キリスト紀元X年+660年=神武紀元Y年)となる。このずれは年により変わることは無く一定である。例えば、西暦2000年は皇紀2660年となる。皇紀通算の使用は、江戸時代後期の1840年代から1860年代にかけて、藤田東湖など国学者が用いた事が始まりである。当時の国学者は、アヘン戦争が勃発した西暦1840年を「紀元2500年」というように呼んでいた。国家の紀元を神武天皇の即位に求めること自体は、日本書紀以来の一般的認識であった。

戦前までの日本では、皇紀による元号の外に皇紀通算がよく使用されており、単に「紀元」というと皇紀通算を指していた。但し、戸籍など地方公共団体に出す公文書や政府の国内向け公文書では、皇紀通算は用いられずに、皇紀元号のみが用いられていた。戦前において皇紀通算が一貫して用いられていた例として国定歴史教科書が挙げられる。

戦後になると、単に「紀元」というと西暦を指す事が多い。また、現在では、神武天皇即位紀元(皇紀)の通算を見る機会はほとんどなく、政府機関の公文書でも用いられていない。しかし、公式に廃止されたわけではなく、閏年の置き方に関しては、神武天皇即位紀元を元に決めた勅令が根拠となっている(閏年ニ関スル件、明治31年[皇紀2558年、西暦1898年]5月10日勅令第90号)。その他にも、一部の日本史や日本文学などのアマチュア愛好家・知識人、神道関係者、全日本居合道連盟などが使用している。アメリカ中央情報局(CIA)のWebページにある"The World Factbook"(各国要覧)の日本の項目には、"Independence: 660 BC (traditional founding by Emperor JIMMU)"とされている。

神武天皇は実在の証明が困難であり、また古墳の出現年代などから考古学上はヤマト王権の成立は3世紀前後であるとされているため、神武天皇が紀元前660年に即位したことが事実であるとはあまり考えられていない。考古学的には、この時期は弥生時代前期にあたるが、古くは縄文時代晩期とされていた。紀年法の起点については西暦にも同様の事が言え、神武天皇紀元の妥当性には影響しない。

制定

明治5年旧暦11月15日(当時の日本の暦は太陰太陽暦の天保暦で、太陽暦のグレゴリオ暦では1872年12月15日)の太政官布告第342号により定められたもので、明治6年(1873年)1 月1日の日本における太陽暦採用と同時に施行された。

太陽暦御頒行神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト定メラルニ付十一月二十五日御祭典(明治5年太政官布告第342号)
今般太陽暦御頒行 神武天皇御即位ヲ以テ紀元ト被定候ニ付其旨ヲ被為告候為メ来ル廿五日御祭典被執行候事

但當日服者参 朝可憚事

紀元前660年となった根拠

干支は60年周期で定期的に繰り返すので、簡易に計算できる。そのため、神武天皇の即位年の「辛酉年」は日本書紀の編年から遡ると紀元前660年に相当する。明治時代(1870年代初期)に歴史学者の那珂通世が、『日本書紀』はその紀年を立てるにあたって中国の前漢から後漢に流行した讖緯説を採用しており、推古天皇が斑鳩に都を置いた西暦601年(辛酉年)から逆算して1260年遡った西洋紀元前660年(辛酉年)を、大革命である神武天皇即位の年として起点設定したとの説を立てた。これは隋の煬帝により禁圧されて散逸した讖緯説の書(緯書)の逸文である『易緯』の鄭玄の注に、干支が一周する60年を1元(げん)といい、21元を1蔀(ぼう)として算出される1260年(=60×21)の辛酉年に、国家的革命(王朝交代)が行われる(辛酉革命)ということに因む。辛酉年の春正月の庚辰朔に、天皇、橿原宮に即帝位(あまつひつぎしろしめ)す。是歳を天皇の元年とす。(「辛酉年春正月庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮是歳爲天皇元年」『日本書紀』神武天皇元年正月朔の条)。

皇紀2600年記念行事

「ゼロ戦」という通称で知られている大日本帝国海軍の「零式艦上戦闘機」は、この皇紀2600年(西暦1940年)に採用されたことに因んだ名称である(軍用機の命名規則 (日本)により、制式名称は皇紀の下2桁を冠する規定による)。大日本帝国陸軍の場合、同年制式採用兵器の数字は百式重爆撃機、一〇〇式司令部偵察機、一〇〇式輸送機など海軍とは異なり、零ではなく百(一〇〇)としている。皇紀2601年(西暦1941年)に陸軍に採用された戦闘機は一式戦闘機(通称隼)としている。

さらに詳しく → 神武天皇即位紀元



歴代天皇事典 (PHP文庫)歴代天皇事典 (PHP文庫)
(2006/10/03)
高森 明勅

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 歴史 皇紀 紀元 神武天皇 天皇

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1136-e34b6b4a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ