M56 スコーピオン(M56 Scorpion)

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/02/07(日)
*







M56スコーピオン(さそり)は、アメリカ合衆国で開発、運用された空挺戦車。空挺部隊が使用する機動対戦車兵器として1948年に開発がスタートした。

概要

当初は開発中のM42(後のM48中戦車)の車台を使用する計画だったが、重量の面から不可能となり、結局新たに設計したアルミ合金製の車台に43口径90mm 戦車砲M54を搭載することになっている。旋回可能範囲は左右30度、上下+15~-10度となっている。砲弾は車体後部の弾薬箱に計29発が搭載され、弾薬箱の蓋は砲手用のプラットフォームを兼ねていた。この砲は当時のアメリカ主力戦車の主砲と同じものであり、攻撃力だけで言うなら他国の主力戦車とも渡り合える能力を持ったことになる。

ただし、本車も他の空挺戦車同様避けて通ることのできない「(航空機に搭載できる位)軽量であること」という条件を避けては通れず、防御は無視されているに等しい。車台の上にオープントップ式に搭載された戦車砲を操作する乗員を守るのはわずかに主砲前面のブラストシールドくらいしか見当たらず、乗員はいわゆる“裸”同然である。

試作名称T101として開発が進められた本車は1953年、M56空挺対戦車自走砲として制式化された。

試作型と量産型の違いは、

* ブラストシールド(爆風よけ)の形状変更
* 砲口制御機(マズルブレーキ)の廃止
* 新たに無線手を兼ねた戦車長を追加し、乗員が4人に

エンジンにはコンチネンタルAOI-402-5 水平対向6気筒空冷ガソリンエンジンが用いられた。転輪には抵抗を減らすためゴムタイヤを使用している。無限軌道(キャタピラ)は一個ずつ分割されたものではなく、全体で8分割された幅51mmのベルト式で、軽量化に一役買っていた。本車の戦闘重量は7.14tと軽量であり、航空機からのパラシュート投下にも問題はなかった。

1960年代、ベトナム戦争において、第173空挺旅団に配備されたが、防御力が無いこともあり、専ら後方の輸送車列護衛任務にのみ使用された。その後、後継のM551シェリダン空挺戦車に道を譲り退役している。

性能諸元

全長 5.84m
車体長 4.56m
全幅 2.57m
全高 1.82m
重量 7.14t
懸架方式 トーションバー
速度 45.1km/h
行動距離 225km
主砲 90mm戦車砲M54×1
    (弾薬搭載量 29発)
副武装 なし
エンジン コンチネンタルAOI-402-5
     水平対向6気筒空冷ガソリン
     200馬力/3000rpm
乗員 4 名

さらに詳しく → M56スコーピオン  空挺戦車



機甲戦の理論と歴史 (ストラテジー選書)機甲戦の理論と歴史 (ストラテジー選書)
(2009/06)
葛原 和三川村 康之

商品詳細を見る
関連記事

タグ : 空挺戦闘車 M56 スコーピオン Scorpion アメリカ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1084-ab0737b0
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ