イスラエルは「国家テロ」で和平を阻んでいる

航空兵器・陸上兵器・海上兵器・銃器・戦争・紛争・歴史・革命・テロ・事件・軍事動画・ニュース(報道)・社会情勢・政治運動・評論・講演など、軍事関連の情報を公開しています。宗教・思想・経済・政治的なものも少しアリ

広告
2010/01/29(金)
*ガザ紛争 (2008年-2009年)  ガザ

 ハマース  イスラエル国防軍

テロリズム  パレスチナ

ガザ紛争(ガザふんそう)は、2008年から2009 年にかけ、イスラエル国防軍とパレスチナ自治区のガザ地区を統治する「ハマース」による武力紛争である。

概要

イスラエルの作戦名はキャスト・レッド作戦(ヘブライ語: מבצע עופרת יצוקה 英語: Operation Cast Lead)。キャストレッドとは「鋳造された鉛」の意味で、ユダヤの祭日・ハヌカーの際、子ども達に与えられるドレイドルという独楽を指している。イスラエルに批判的なアラブ諸国などでは、この事件はガザの虐殺(アラビア語:مجزرة غزة , 英:Gaza Massacre)と呼ばれている。

第三次中東戦争以来、最大の流血事件となっており、パレスチナ側では民間人を含む1300人以上が死亡・殺害された。犠牲者の大多数は一般市民であり、特に死傷者の1/3は子供で、未成年の被害者が特段に多い紛争となった。これまでに、市民への無差別攻撃、けが人搬送のために走行していた国際赤十字の救急車両への攻撃、国連が運営し、避難所としてイスラエルへも通告していた女学校への無差別空爆、幼児への無差別銃撃など、数多くの戦争犯罪が判明している。

背景

イスラエルとハマースの間では、2008年6月から半年間にわたって停戦協定が結ばれた。6 月19日、エジプトの仲介でハマースとイスラエルは6ヶ月の停戦に踏み切った。断続的に衝突が続いた。そして、12月に入り、再度エジプトの仲介のもとで停戦延長の交渉が持たれたが、ハマース側はイスラエルがガザの封鎖解除に応じないことを問題視し、延長を拒否したため12月19日失効した。停戦の期限が切れる前の11月4日夜、イスラエル軍はガザ中部に侵攻し、戦闘や空爆でハマースの6人が死亡した。ハマースは5日、イスラエルに向けて30発以上のロケット弾を発射したが、被害はなかった。

しかしイスラエル軍は11月12日、再び越境攻撃でハマースの4人を殺害。ハマースは14日、ガザから約10キロ北のイスラエル中部の中核都市アシュケロンに、より高性能の旧ソ連型ロケット弾を撃ち込んだ。けが人はなかったが、イスラエル軍は大規模空爆など攻撃拡大に踏み切るとみられていた。

イスラエルでは2009年2月に総選挙を控えているが、攻撃前の段階で対パレスチナ強硬派の野党・リクードが支持を拡大し、与党・カディマも弱腰な姿勢をみせることはできないとして、大規模な報復攻撃を実行することとなった。また、2009年1 月20日の「敵との対話」を掲げるアメリカ・オバマ政権の発足を前に、「ハマースを弱体化しておきたい」とするイスラエルの思惑があったという論調もある。

経過

イスラエル軍による空爆

2008 年12月27日(現地時間午前11:30、UTC午前9:30)、イスラエル空軍がガザ地区全土に大規模な空爆を開始した。2009年1 月3日の地上侵攻までの死者は430人にのぼった。

地上侵攻

1月3日、イスラエル軍はガザ地区への大規模な砲撃の後、歩兵、戦車、砲撃隊などの隊列が侵攻を開始し、事態は市街戦に発展した。ハマースとの激烈な戦闘が行われている。ガザ地区では、空爆や砲撃によって自宅を失った一般市民4000人が更に避難民と化している。

1月6日、イスラエル軍が国際連合パレスチナ難民救済事業機関 (UNRWA) の運営する避難所となっている学校を砲撃、少なくとも40人が死亡した。これに対し、イスラエル軍は同施設の付近からハマース側の攻撃があったために加えた反撃であると主張しているが、UNRWAや地元住民は「現場に戦闘員はいなかった」と否定している。1月7日、イスラエル軍は国際機関らによる援助物資の搬入のため、27日の攻撃開始以来初めて、3時間ばかり戦闘を停止した。

停戦への動き

戦闘開始が年末にあたり、多くの国がクリスマス及び年末年始の休暇に入っていたことから停戦調停が遅れ、戦闘が長引く要因になった。ハマースの代表団は1月9日夜、カイロ入りし、仲裁国のエジプトと停戦交渉に入った。エジプトによる停戦案に、イスラエル側は原則同意の方針を示したが、ハマースの在外指導部はこれを拒否した。その他にも国連やフランスなどからも停戦案が出てきたが、どれも合意には至らなかった。

戦闘開始から3週間たった1 月17日、イスラエルは一方的な「停戦宣言」を出し、部隊の引き上げを始めた。ただし、この停戦は上記のエジプト仲介による停戦プロセスとは関係がない。直後、ハマースも抗戦を停止した。その後イスラエル軍は、アメリカのオバマ新大統領が就任した20日にガザの市街地からの撤退を完了した。

戦闘後

戦闘停止後、各国・団体によるガザへの復興支援が始まったが、イスラエルとエジプトが国境封鎖と検問を継続しており、生活用品の運搬にも支障が出ている。1月27日、エジプト政府が停戦協定を2月5日前後に発効させる方向で調整をしていると報じられた。

同27日、境界付近で爆発が起こり、パトロール中のイスラエル兵1人が死亡。イスラエルは直ちにガザ方面へ反撃し、農民1人が殺害された。イスラエルは人道物資支援の検問所をすべて閉鎖した。

現在も散発的にガザから迫撃砲が撃ちこまれ、それに対してイスラエル軍が反撃するなど、小規模な戦闘は今も続いている。このため、ガザの境界近くに住むイスラエル人住民の間からは、問題の根本的解決のためにガザ再攻撃を望む声が強まっている。

被害

1月8日、国連のホームズ緊急援助調整官室長の発表によると、パレスチナ人犠牲者が8日までに約760人に上り、うち子供が約3分の1に上ることを明らかにした。また14日、犠牲者が1000人を突破。これまで最高だった2002年の死者数989人をわずか2週間で更新した。最終的な死者は1300人を突破した。イスラエル側の死者は13人(うち民間人 3人)で、 4人は味方の誤射によるものだった。

また、市民に対して白燐弾などを用いた無差別攻撃、幼児に対する無差別銃撃などが報道され、人権団体からの非難を浴びた。ガザ市の人権団体、パレスチナ人権センターは3 月19日、パレスチナ側の総死者数は1417人に上ったと発表し、全員の氏名を公開した。それによると926人が民間人でうち313人が18歳未満の子ども、116人が女性。戦闘員が236人、警察官が255人だった。一方、イスラエル軍は3 月26日、パレスチナ側の死者は1166名で、709人がハマースなどの戦闘員であると発表した(イスラエルは警察官も戦闘員と見なしている)。民間人は295人、うち89 人が16歳未満、49人が女性で、残る162人は特定できていないとしている。



ガザ通信ガザ通信
(2009/03)
サイード アブデルワーヘド志葉 玲

商品詳細を見る

タグ : 紛争 ガザ紛争 ハマース イスラエル パレスチナ

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://gunjimania.blog108.fc2.com/tb.php/1016-3b695103
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 軍事マニアクス - Military Maniacs All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ